雑誌『放送文化』休刊のお知らせ

2011/08/24
放送文化 2011年 秋号
放送文化 2011年 秋号

雑誌『放送文化』(季刊)は、1946年の創刊以来、4度の休刊を経ながらも放送業界専門誌として刊行を続けてきましたが、「地上波の完全デジタル化」という大きな節目を迎えた2011年の秋号(8月24日発売)をもって休刊することとなりました。
これまでの長きにわたってご愛読いただき、誠にありがとうございました。

○2011秋号について

総力特集タイトルは「テレビはどこへ向かうのか〜大震災、地デジ化を経て」。3・11(東日本大震災)と7・24(地上波の完全デジタル化)という二つの大きな衝撃波がテレビ界に及ぼす影響について分析、これからのテレビ界を見通す視点を提示する。

閉じる

ページトップへページトップへ

ページトップへ