マイコンテンツや、お客様情報・注文履歴を確認できます。
閉じる
0
0
カートを見る

2050年、未来秩序の選択  「アングロサクソンの時代」から「地球協同体」へ

[著] 伴野 文夫

関連する全ての商品を見る

定価:1,760円(本体1,600円)

送料 110円

発売日 2021年06月29日

商品紹介

「マクロン革命」と「EU新時代」が未来を拓く!

コロナ禍のなか、かつてない分断と混乱に陥った世界は、未来へ向けてどのような秩序を選択するべきか? 世界を席巻した米英アングロサクソン二大帝国が将来は盟主の座から降りることをふまえ、30年後には独仏のEUを中心に、米中の争いからも距離を置く広域経済連合(EU+ASEAN〔RCEP〕)が、「地球協同体」とも言うべきダイナミズムで世界秩序を牽引していることを明快に論じる。NHKの国際・経済担当記者としての豊富な現場体験と、緻密な歴史分析とデータの読みを通して、近未来の国際情勢への確固たる指針を提示する待望の一冊!

目次

序章 「アングロサクソンの時代」の終焉
第1部 新自由主義の50年を振り返る
 第一章 ブレトンウッズ体制からリーマン・ショックまで
 第二章 オバマとヴォルカーが新自由主義を救った
 第三章 ブレトンウッズに批判的だった三つの動き
第2部 マクロン革命とEU新時代
 第四章 独仏、和解へと向かう──EU50年の歩み  
 第五章 嵐のなかのフランス大統領選挙──マクロン登場前史
 第六章 ドイツ・パワーとソフトなメルケル新時代
 第七章 マクロン革命の軌跡
 第八章 マクロン革命の思想的背景──アソシエーションと共和国精神
第3部 ヨーロッパ・ルネッサンス
 第九章 2019年欧州議会選挙の画期 
 第十章 EUコロナ復興大型予算成立
     ──マクロンの仕込み、メルケルの決断
 第十一章 歴史的使命を終わるヨーロッパの社会主義
     ――白人至上主義の極右政党は伸び悩む
 終章 2050年、未来秩序の選択

商品情報

発売日
2021年06月29日
価格
定価:1,760円(本体1,600円)
判型
四六判
ページ数
264ページ
商品コード
0081859
Cコード
C0031(政治(含む国防軍事))
ISBN
978-4-14-081859-6

購入のご案内

2050年、未来秩序の選択 「アングロサクソンの時代」から「地球協同体」へ

定価:1,760円(本体1,600円)

送料 110円

発売日 2021年06月29日

在庫あり

数量