おわびと訂正

NHK知る楽・歴史は眠らない「県境の謎を行く」をお買い上げの皆様へ

「NHK知る楽・歴史は眠らない」4−5月、「県境の謎を行く」テキストに、以下の間違いがございましたので、お詫びして訂正いたします。

 

播但線は、但馬と姫路、神戸を結びつけるものですが、もう一つの役割も担っていました。生野の銀山という歴史的に有名な大資源の活用です。「大江山いくのの道も遠ければ まだふみも見ず天の橋立」という百人一首の歌にも出てくるぐらい都でも知られていました。

播但線は、但馬と姫路、神戸を結びつけるものですが、もう一つの役割も担っていました。生野の銀山という歴史的に有名な大資源の活用です。

下線部分の記述は削除します。百人一首に歌われている「いくの」は、京都府福知山市生野にその地名が残っているといわれ、生野銀山の生野とは別の場所でした)


[閉じる]