NHK出版新書『ニッポン異国紀行』発売記念 石井光太氏×蔵前仁一氏 トークイベントの模様#nsshinsho

2012/02/10
石井光太氏×蔵前仁一氏
トークイベント
「旅の物語、物語の旅」
〜取材秘話から驚愕の異文化まで〜
NHK出版新書『ニッポン異国紀行』発売記念 石井光太氏×蔵前仁一氏トークイベント
NHK出版新書 ニッポン異国紀行
NHK出版新書『ニッポン異国紀行』

NHK出版WEBマガジンの好評連載「ニッポン異国紀行」が本になりました!
発売を記念して、著者石井光太氏と「旅行人」蔵前仁一氏のトークイベントを開催しました(1月28日 MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店)。蔵前さんとの出会い、この世界に入ったきっかけ、取材のエピソード、今後の活動など、読者の方が聞いてみたかった話が盛りだくさんです。
イベントの模様をYoutubeで視聴できますので、是非ご覧ください。

石井光太×蔵前仁一 NHK出版新書『ニッポン異国紀行』トークイベント
Part1 |  Part2 |  Part3 |  Part4 |  Part5

石井光太(いしい・こうた) 蔵前仁一(くらまえ・じんいち)
1977年東京生まれ。作家。『物乞う仏陀』『神の棄てた裸体』『レンタルチャイルド』『飢餓浄土』などの海外ルポルタージュでは、周縁に生きる人びとと交わりながら、彼らの世界観を活写した。東日本大震災後、遺体安置所にはりついて書き上げた『遺体』、国内HIV感染者たちの抱える葛藤を見つめた『感染宣告』など、人の生と死のすがたを追いつづける。貧困者の生態を解説した『絶対貧困』『餓死現場で生きる』、写真エッセー集『地を這う祈り』、絵本『おかえり、またあえたね』ほか著作多数。漫画原作、ワークショップ開催など多岐にわたって活動中。 1956年鹿児島県生まれ。旅行作家、グラフィックデザイナー、編集者。「旅行人」主宰。アジアやアフリカを中心に世界各地の旅行記を著し、個人旅行者、バックパッカーの絶大な支持を集める。著書多数。代表作に、『ホテルアジアの眠れない夜』』『新ゴーゴー・インド』『シベリア鉄道9300キロ』など。最近作に『わけいっても、わけいっても、インド』。編集長をつとめる旅行誌「旅行人」は、「インドの民族絵画」「コーカサス」「グジャラート」など他誌にないユニークなテーマ設定と詳細な取材で独自の世界を打ちたてた。同誌は2011年12月、165号をもって惜しまれつつ、ひとまず休刊した。
閉じる

ページトップへページトップへ

ページトップへ