「原 武史著『団地の空間政治学』(NHK出版)発売記念 トークセッション」開催!

2012/09/25
原 武史著『団地の空間政治学』(NHK出版)発売記念 トークセッション
原 武史氏×速水健朗氏
「団地から考える」
写真 原 武史氏写真 速水健朗氏

高度成長期に燦然と輝いていた団地文化とは何だったのか? 都市の住宅機能を果たすにとどまらず、団地という空間は住民の意識にどんな影響を与えたのか? 自身、40年以上にわたって団地に住んだ経験があり、このたび団地の研究書を上梓した原武史氏と、都市論を専門にし団地への造詣が深い速水健朗氏が、団地の時代を振り返り、その歴史的・政治的・文化的意味を縦横に語り尽くします。さらに、高齢化が進み、建て替えが続く「団地の再生」という今日的な課題についても考える、刺激的な対談です。ふるってご参加ください。

NHKブックス『団地の空間政治学』 表紙
NHKブックス『団地の空間政治学』
原 武史著『団地の空間政治学』(NHK出版)発売記念 トークセッション
日時
: 10月20日(土) 開場14:30〜 開演15:00〜
場所
: MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店 7F 喫茶コーナー
定員
: 40名 (お電話又はご来店にてお申し込み先着順)
入場料
: 1,000円(ワンドリンク付)
受付
: お電話又はご来店にて先着順に受付。
 ※ ご予約の受付は9月24日(月)12:00より承ります。
お問い合わせ
: MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店
TEL (03)5456-2111
原武史(はらたけし) 速水健朗(はやみずけんろう)
1962年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。国立国会図書館職員、日本経済新聞東京本社社会部記者を経て、東京大学大学院博士課程中退。現在、明治学院大学国際学部教授。専攻は日本政治思想史。また、鉄道にも造詣が深い。主な著書に、『「民都」大阪対「帝都」東京』『大正天皇』『昭和天皇』『滝山コミューン一九七四』『影の磁力』『レッドアローとスターハウス』など。 1973年石川県金沢生まれ。パソコン雑誌の編集者を経て、現在はフリーランス編集者、ライター。専門分野は、メディア論、都市論、ショッピングモール研究、団地研究。また、TBSラジオ「文科系トークラジオLIFE」やNHKテレビ「NEWS WEB24」にレギュラー出演中。主な著書に、『ケータイ小説的。』『ラーメンと愛国』『団地団』『都市と消費とディズニーの夢』など。
閉じる

ページトップへページトップへ

ページトップへ