「荒井良二 『ねむりひめ』(NHK出版)発売記念 サイン会」開催!

2012/12/28

NHK連続テレビ小説「純と愛」のオープニングを担当する世界的な絵本作家・荒井良二さんが、グリム童話の不朽の名作を描き下ろした最新絵本『ねむりひめ』の発売記念イベントとして、ヴィレッジヴァンガード下北沢店でサイン会を行います。貴重な機会ですので、ぜひふるってご参加ください!

『ねむりひめ』 表紙
ねむりひめ』 荒井良二 著
著者 荒井良二 写真
荒井良二 『ねむりひめ』(NHK出版)発売記念 サイン会
日時
: 1月25日(金)  時間 19:30〜
場所
: ヴィレッジヴァンガード下北沢店
定員
: 70名
(上記店舗にて『ねむりひめ』をお買い上げいただいた方の中から先着順)
お問い合わせ
: ヴィレッジヴァンガード下北沢店
TEL 03-3460-6145
Twitter @vvshimokita
荒井良二(あらい・りょうじ)
1956年生まれ、山形県出身。『ルフランルフラン』で日本絵本賞、『たいようオルガン』でJBBY賞、『あさになったので まどをあけますよ』で産経児童出版文化賞・大賞を受賞するほか、ボローニャ国際児童図書展特別賞、小学館児童出版文化賞、講談社出版文化賞絵本賞など受賞多数。2005年には日本人として初めてアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞。主な絵本に『はっぴぃさん』『きょうというひ』『うちゅうたまご』『えほんのこども』『モケモケ』『ねんどろん』などがあり、そのほかに、作品集『metaめた』、まんが『ホソミチくん』を刊行、音楽CD「どこからどこまでいつどうやって」をリリースするなど多方面で活動を展開している。
閉じる

ページトップへページトップへ

ページトップへ