「美冬と有紀と路代と裕子の女子会開催決定!〜『女子会2.0』の著者に聞く〜」安藤美冬の女子講座 後編開催のお知らせ

2013/06/12

「美冬と有紀と路代と裕子の女子会開催決定!〜『女子会2.0』の著者に聞く〜」安藤美冬の女子講座 後編

「女子会2.0」刊行を記念して女子論客たちがB&Bに大集結! 「女子力アップ」の果てには何があるのか? 「結婚」で幸せになれるのか――気鋭の論客らが、“女子会”の場を借りて、若い女性を取り巻く環境を分析する。 結婚観の変遷、専業主婦志向などをテーマとした論考も加わった、女子必読の一冊「女子会2.0」の刊行を記念して女子講座を開催します。
※男子も参加可能です!(男性の意見も大切ですよね)
モデレータに安藤美冬さんを迎え、著者の千田有紀さん、西森路代さん、石崎裕子さんが女子度100%に(?)熱くこれからの女子像を語らいます。

* 前編(6月13日)イベントのお申込はこちら

NHKブックス『団地の空間政治学』 表紙
女子会2.0
「ジレンマ+」編集部 編

ジレンマ(サイトへ)
ジレンマ(サイト)
『女子会2.0』刊行記念 トークセッション
安藤美冬の女子講座 後編
日時
: 6月25日(火)20:00〜22:00(開場19:30)
会場
: 本屋B&B
入場料
: 2000円 (1500yen+500yen/1drink)
ご予約・お問い合わせ
: ご予約はこちら >>
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
TEL03-6450-8272
出演
 千田有紀(社会学者)
 西森路代(ライター)
 石崎裕子(独立行政法人国立女性教育会館・専門職員)
 安藤美冬(株式会社スプリー代表取締役)
プロフィール
千田有紀(せんだ・ゆき)
千田さん写真1968年生まれ。社会学者。武蔵大学教授。専門は家族社会学、ジェンダー・セクシュアリティ研究。著書に『女性学/男性学』(岩波書店)、『日本近代型家族』(勁草書房)、『上野千鶴子に挑む』(編著、勁草書房)、『ジェンダー論をつかむ』(共著、有斐閣)などがある。
西森路代(にしもり・みちよ)
西森さん写真1972年生まれ。ライター。専門は香港、台湾、韓国などアジアのエンターテインメント。女性誌など、女性向けカルチャー全般。著書に、『K-POPがアジアを制覇する』(原書房)などがある。 また、文化系トークラジオLife(TBSラジオ)などメディアでの発言も注目されている。
石崎裕子(いしざき・ゆうこ)
石崎さん写真1973年生まれ。独立行政法人国立女性教育会館・専門職員。男女共同参画に関する研修事業の企画や調査研究に携わっている。専門は、社会学、ジェンダー論。早稲田大学商学部で、「現代の社会構造─ジェンダーの社会学(「男女共同参画関連科目」)も担当している。
安藤 美冬 (あんどう・みふゆ)
白河さん写真1980年生まれ。(株)スプリー代表。SNSでの発信を駆使した独自のノマドワークスタイルで学校運営、商品企画、PRなど幅広く手がける。NOTTV『テレビをほめるyes tv』レギュラー、シングルアラフォー向け雑誌『DRESS』「女のための女の内閣」働き方担当相。著書に『冒険に出よう』がある。
閉じる

ページトップへページトップへ

ページトップへ