「『国家緊急権』刊行記念 トークセッション 橋爪大三郎×大澤真幸×木村草太」(@丸善・丸の内本店)開催のお知らせ

2014/04/15

「NHKブックス」は今年で創刊50周年。この周年記念企画として、4月の新刊である『国家緊急権』(4月23日発売)の著者、橋爪大三郎氏と、社会学者の大澤真幸氏、法学者の木村草太氏によるトークセッションを開催します。

NHKブックス創刊50周年『国家緊急権』刊行記念 橋爪大三郎×大澤真幸×木村草太 トークセッション 「憲法」を考える

『国家緊急権』 表紙
『国家緊急権』
NHKブックス創刊50周年『国家緊急権』刊行記念
橋爪大三郎×大澤真幸×木村草太 トークセッション 〜「憲法」を考える〜
日時
: 2014年5月11日(日)午後3時〜
場所
: 丸善・丸の内本店3F「日経セミナールーム」
(東京都千代田区丸の内1-6-4)
定員
: 100名
参加料
: 無料
一般参加
: 要整理券(電話予約可)
丸善・丸の内本店にて、対象書籍『国家緊急権』をご購入(発売前はご予約)いただいた先着100名様に、店内カウンターにて整理券を配布
*整理券がなくなり次第、受付終了となります。
主催
: 丸善・丸の内本店
協力
: 株式会社NHK出版
ご予約およびお問い合わせ
:  丸善・丸の内本店 和書グループ
TEL 03-5288-8881 (営業時間 9:00〜21:00)
>> 丸善 丸の内本店イベント詳細ページ へ
登壇者プロフィール
橋爪 大三郎(はしづめ・だいさぶろう) 大澤 真幸(おおさわ・まさち) 木村 草太(きむら・そうた)
写真 橋爪 大三郎さん
撮影 佐藤 類
1948年、神奈川県生まれ。社会学者。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。1989年、東京工業大学助教授。1995―2013年、同教授。著書に、『はじめての構造主義』(1988年、講談社現代新書)、『橋爪大三郎コレクション(全3巻)』(1993年、勁草書房)、『人間にとって法とは何か』(2003年、PHP新書)、『裁判員の教科書』(2009年、ミネルヴァ書房)など多数。
写真 大澤 真幸さん
撮影 尾崎 誠
1958年、長野県生まれ。社会学者。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。思想誌『THINKING「O」』主宰。2007年、『ナショナリズムの由来』(講談社)で毎日出版文化賞を受賞。ほかの著書に、『正義を考える』(NHK出版新書)、『不可能性の時代』『夢よりも深い覚醒へ』(以上、岩波新書)、『世界史の哲学』(講談社)、『ふしぎなキリスト教』(共著、講談社現代新書)など多数。
写真 木村 草太さん
1980年、神奈川県生まれ。東京大学法学部卒業。同助手を経て、現在、首都大学東京准教授。専攻は憲法学。著書に『平等なき平等条項論』(東京大学出版会)、『憲法の急所』(羽鳥書店)、『キヨミズ准教授の法学入門』(星海社新書)、『憲法の創造力』(NHK出版新書)、『未完の憲法』(共著、潮出版社)など。

おかげさまで創刊50周年! 「古典的な教養」から「知の最先端」まで、今後もNHKブックスは、創刊時からの変わらぬコンセプトを追求し深めていきます。

4月より装丁を一新!

『国家緊急権』 表紙宮崎駿論 ―神々と子どもたちの物語 表紙
『国家緊急権』宮崎駿論 ―神々と子どもたちの物語

おかげさまでNHKブックスは創刊50周年を迎えました。

第1号の刊行は1964年1月1日、坂本藤良著『経営学への招待』。以来50年間、1200冊を超えるアイテムを刊行するなかで「広まる視野 深まる知識」「時代の半歩先を読む」などキャッチコピーは何回か変わりましたが、変わらぬコンセプトは「人間とその文化、社会、歴史、自然を、時代感覚をもって捉え直す」ということ。このコンセプトのもと、『仏像』や『法隆寺を支えた木』などの古典的な教養路線から、齋藤孝氏や東浩紀氏など気鋭の論客の著作、そしてアントニオ・ネグリの翻訳書にいたるまで、時代のトレンドをいち早くつかみ発信することを心がけてきました。今後もNHKブックスは創刊時からのコンセプトをよりいっそう追求し、深めていきます。
創刊50周年を機に、装丁を一新いたします。水戸部功氏による白地を基調とした斬新かつ温かみのある新装丁が、4月刊行の橋爪大三郎氏、杉田俊介氏の力作よりお目見えします。
これからも、どうぞNHKブックスにご期待ください。

NHKブックス編集長 大場旦

閉じる

ページトップへページトップへ

ページトップへ