【代官山 蔦屋書店 絵本のはなし】 荒井良二『ぼくの絵本じゃあにぃ』刊行記念トークイベント

2014/05/16

荒井良二さんが自らの個人史に立ち返りながら 創作と発想の秘密について初めて記した『ぼくの絵本じゃあにぃ』(NHK出版新書)。その刊行を記念して、トークイベントを開催いたします。
荒井さんが制作の前に必ずつくるという「絵本の地図」を手がかりに、大人から子どもまで魅了してやまない「イマジネーションの秘密」について語ります。

表紙 『ぼくの絵本じゃあにぃ』
『ぼくの絵本じゃあにぃ』
(NHK出版新書)

荒井 良二 写真
荒井 良二さん
【代官山 蔦屋書店 絵本のはなし】
荒井良二『ぼくの絵本じゃあにぃ』刊行記念トークイベント
日時
: 6月7日(土) 午後2時〜
場所
: 蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
参加チケット
: 『ぼくの絵本じゃあにぃ』(NHK出版新書)を代官山蔦屋書店にてご購入のお客様。
すでに書籍をお持ち等の場合は、イベントチケット850円(税込)をお買い上げで参加可能。
ただし、サイン会対象書籍は代官山 蔦屋書店にてお買い上げいただいた『ぼくの絵本じゃあにぃ』に限らせていただきます。
参加チケット販売場所 :

代官山蔦屋書店1号館2階 (絵本カウンタ-または 映像カウンター)
定員:70名
お問合せ
: 代官山蔦屋書店  03-3770-2525
>> 代官山蔦屋書店イベント詳細ページ へ
著者紹介
あらい・りょうじ (Arai Ryoji)
1956年、山形県生まれ。日本大学芸術学部美術学科卒業。 1990年に処女作『MELODY』(トムズボックス)を発表後、数々の絵本、挿画を手掛ける。 1991年に『ユックリとジョジョニ』(ほるぷ出版)でエズラ・ジャック・キーツ賞ノミネート。 以来、100冊以上の絵本を刊行し、アストリッド・リンドグレーン記念文学賞(2005年)をはじめとする国内外の賞を多数受賞。 日本を代表する絵本作家として活躍するとともに、近年はその活動の幅を美術やアニメーションなどにも広げている。
閉じる

ページトップへページトップへ

ページトップへ