『日本霊性論』刊行記念 内田樹先生×釈徹宗先生トークイベント(@隆祥館書店)開催のお知らせ

2014/08/08

今回は、『日本霊性論』NHK出版発刊を記念して、著者の内田樹先生と釈徹宗先生に、ご登場いただけることになりました。
東日本大震災後、あらためて問い直された日本人の死生観や宗教性。
経済効率至上主義や個人主義が加速するなかで、置き去りにされた日本人の「こころ」の問題を、現代の二賢人が論じる。
どちらも自らの信ずる道を振り返りながら、社会を担う一員としての読者に、まっすぐ問いを投げかける。穏やかな笑顔からは想像もつかない、切実な問題意識に胸を打たれること間違いなしの力作。
今、私たちに、不可欠な「生きる力」を高めるためにはどうすればいいのか?
お二人にお聞きしたいと思います。是非ご参加下さい。

(以上、隆祥店書店様ホームページより転載)

表紙 『岩波メソッド ゴースト暗算 2ケタ以上のたし算―算数脳を楽しくきたえる!』
8月12日発売 NHK出版新書 442『日本霊性論』
『日本霊性論』刊行記念  内田樹先生×釈徹宗先生 トークイベント
日時
: 8月28日(木) 午後6時開場 午後7時開演
場所
: 隆祥館書店斜め向かい上本町変電所ホ−ル
参加チケット
: 前売り:1,500円(税込) 当日:1,800円(税込)
参加チケット販売場所 :

隆祥館書店、またはお振込
申込み・お問合せ :

隆祥館書店 06-6768-1023
>> 隆祥館書店イベント詳細ページへ
講演者紹介
内田樹(うちだ・たつる) ※写真左
思想家。武道家。道場兼私塾「凱風館」館長。 神戸女学院大学名誉教授。1950年東京生まれ。 フランス現代思想研究(特にレヴィナス)、合気道・能の修行を通して培った 身体論をふまえて、幅広く社会評論、提言を行う。 著書に『ためらいの倫理学』(角川文庫)、 『日本辺境論』(新潮新書)、 『街場の教育論』(ミシマ社)など多数。
釈 徹宗(しゃく・てっしゅう) ※写真右
浄土真宗本願寺派如来寺住職。相愛大学人文学部教授。 NPO法人リライフ代表。1961年大阪生まれ。 僧侶、宗教学者、上方芸能通(特に落語)として宗教と学問と文化を 架橋する傍ら、NPO法人代表(グループホーム運営)として地域に 根ざした活動を行う。 著書に『不干斎ハビアン』(新潮選書)、 『法然親鸞一遍』(新潮新書)、 『ゼロからの宗教の授業』(東京書籍)など多数。
撮影/大西二士男
閉じる

ページトップへページトップへ

ページトップへ