『踊る昭和歌謡―リズムからみる大衆音楽』刊行記念 TALK & LIVE SHOW(@代々木八幡 スタジオ セオリ)

2015/02/18

本書執筆にあたり、著者の輪島裕介氏がおおいに刺激を受けたという2 冊の本。
『アメリカ音楽史――ミンストレル・ショウ、ブルースからヒップホップまで』の著者・大和田俊之氏と『めぐりあうものたちの群像――戦後日本の米軍基地と音楽1945-1958』の著者・青木深氏を招いての豪華鼎談!
そして一夜限りのセレブレイション・バンド「ドトール輪島とドドンパ☆キングス」のLIVEには、お祭りロックバンド「アラゲホンジ」から齋藤氏も参戦。
フィナーレまでノリノリで「踊る昭和歌謡」を体感してください!

※本イベントはご好評につき受付を終了させていただきました。

TALK & LIVE SHOW チラシ
[PDF 314KB]
表紙 『踊る昭和歌謡リズムからみる大衆音楽』
NHK出版新書454 『踊る昭和歌謡
リズムからみる大衆音楽』
『踊る昭和歌謡―リズムからみる大衆音楽』刊行記念
TALK & LIVE SHOW
日時
: 2015年3月6日(金) 19:00START
場所
: 代々木八幡 スタジオ セオリ  03-3466-3551
入場料
: 1,200円(税込)(※書籍とのセットは1,800円)
お申込み・お問い合わせ

メール・FAXで受付いたします。
メール:showakayou@nhk-book.co.jp
FAX:03-3780-3393
NHK出版・福田宛に「3月6日昭和歌謡イベント申込」と明記のうえ、お名前、電話番号、参加人数を添えてお申し込みください。
※誠に恐縮ですが、会場の都合上、先着20名様で締め切らせていただきます。
※出演者は、予告なく変更になる可能性がございます。あらかじめご了承ください。
著者プロフィール
輪島裕介(わじま・ゆうすけ)
写真 輪島裕介さん1974年金沢市生まれ。大阪大学大学院文学研究科准教授(音楽学)。東京大学大学院人文社会系研究科(美学芸術学)博士課程修了。専門は大衆音楽研究、 近現代大衆文化史。著書に『創られた「日本の心」神話――演歌をめぐる戦後大衆音楽史』(光文社新書。第33回サントリー学芸賞)等。
閉じる

ページトップへページトップへ

ページトップへ