NHK出版新書(NS新書)

創刊のことば新書の王道へ

NHK出版新書を創刊いたします。

NHK出版新書は、2001年にスタートした「生活人新書」を引き継ぐものです。
「人生の喜怒哀楽に潜む知恵や生きるヒントを提供する。日常を豊かに生きる知恵を提供する」という生活人新書からは数々のベストセラー、ロングセラーが生まれました。
NHK出版新書は、生活に根ざした良質な知識に加えて、経済・政治・ポピュラーサイエンス・人文思想などにも幅を広げ、総合新書として生まれ変わります。

「新書」というと、めまぐるしく変化する時代に即応した、フットワークの軽いもの、というイメージがあります。センセーショナルな書名が付けられた、即効性のあるテーマが思い浮かんできます。
しかし、それだけではありません。新書というメディアは、時代とともに変化する教養のありかたを的確にとらえた、啓蒙書としての役割を担うものでもあります。理系・文系といった表層的「仕分け」を超えた、<体系知>を提供するものと言ってもいいかもしれません。
現在、論壇は衰退し、紙のメディアはかつての求心力を失ったといわれます。しかし他方で、若い論客たちが、左右に分かれた従来のイデオロギー構造から解き放たれ、自由な立場から生き生きとした知を生み出しています。NHK出版新書は、新しい知の息吹をとらえ発信するとともに、時代を超えて生き残ってきた古典的教養の精神にも絶えず立ち返り、この時代を大きく総合的に把握するような、新書本来のかたちを追い求めていきます。
こうした知の発信は、実はNHKが放送メディアを通してつねに行ってきたことでもあります。NHKとともに八十年間の歩みを続けてきた当社の、新たな「NHK出版新書」でも、放送と連携した良質の情報をお届けいたします。

(1) 生活に根ざした知識や智恵
(2) 最先端から古典的教養までを発信する総合的な知
(3) NHKの放送番組と連動した良質の情報

この三つを柱とするNHK出版新書に、どうぞご期待ください。

NHK出版新書
編集長 大場 旦

ページトップへページトップへ

ページトップへ