人気・実力を兼ね備えた執筆陣が贈る連載・読み物や豪華インタビューなど、
NHK出版が刊行する書籍(新書・翻訳書・文芸書・教養書)をご紹介するサイトです。

特別寄稿

最新著書『親の脳を癒やせば子どもの脳は変わる』刊行に寄せて
友田明美

最終更新日 2019.11.01

発売後反響を呼び、12万部を突破したNHK出版新書『子どもの脳を傷つける親たち』の著者・友田明美先生による待望の最新作『親の脳を癒やせば子どもの脳は変わる』が2019年11月11日に発売予定です。脳研究に携わる小児精神科医の立場から、脳とこころを傷つけずに子どもと向き合う方法を最新の科学的知見に基づいて解説する本書。その一部を抜粋してご紹介します。

誰も救えなかった命

 お父さんにぼう力を受けています。
 夜中に起こされたり、起きているときにけられたり
 たたかれたりされています。
 先生、どうにかできませんか。

 2019年1月、千葉県野田市の栗原心愛ちゃん(10)が自宅の浴室で死亡しました。
 死因は、極度の衰弱とストレスと報じられました。数日前から十分な睡眠と食事を与えられず、事件当日も朝からずっと立たされ、真冬の寒さのなか肌着一枚の姿で、冷たい水を幾度となく頭から浴びせられていたといいます。
 心愛ちゃんは日常的に身体的暴力をふるわれていた痕跡があり、あざの多くは腹部など衣服で隠れやすい場所に集中していました。その後の調べで、父親が数年にわたって心愛さんを虐待し続けていたこと、その事実を心愛さん自身が小学校のアンケート調査で打ち明けていたことがわかりました。それが、冒頭に引用した4行の言葉です。

「すべてしつけだった」

 捜査のなかで、父親はそう説明したそうです。しつけであれば何をしても許されると思って幼い我が子にむごい行為を続けていたのでしょうか。
 この事件では、数々の凄惨極まる虐待行為に加え、そばにいた母親がそれを制止できなかったこと、虐待事実を認識していた児童相談所が介入しきれなかったことも明らかになりました。


毎週1人以上、虐待で子どもが死んでいる

 この事件より前の2018年3月、東京都目黒区の船戸結愛ちゃん(5)が虐待死した事件も皆さんの記憶にあるはずです。結愛ちゃんは母親の再婚相手である父親から継続的に暴力をふるわれていました。各メディアは結愛ちゃんの愛らしい数々の写真とともに、結愛ちゃん本人が書いたとされる、
 〈きょうよりか もっと あしたは もっと できるようにするから もう おねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします〉
 というメモを繰り返し紹介するなど、センセーショナルにこの事件を取り上げました。
 しかし、メディアが全ての虐待死事件を取り上げているわけではありません。目黒区の事件から野田市の事件が起きるまでの約10か月の間に、虐待によって命を落とした子どもはこのふたりだけではないのです。ご存じでしょうか、平均すると1週間に1人以上の子どもが虐待死している事実を。
 厚生労働省が年度ごとに行っている子ども虐待の死亡事例等の調査によれば、2008年から10年間に心中を含む虐待が原因で死亡した子どもの数は869人、年平均86人にのぼります。2016年度に虐待死した子どもは77人(うち、心中以外の虐待死49人)、2017年度は65人(うち、心中以外の虐待死52人)でした。
 実際は、この数よりも多くの子どもが虐待死している、と見る専門家もいます。
 2016年に日本小児科学会がまとめた論文には、1年間に亡くなった子どものうち7パーセントは、虐待死の可能性を検証すべき状況にある、と書かれています。全国で1年間に死亡する子どもを約5000人とすると、そのうちの350人は「虐待死の可能性があり」、うち150人は「虐待死の可能性が極めて高い」というのです。これらの数字は厚生労働省が公表している人数と大きく乖離しています。
 同学会は、医療機関や児童相談所、警察での情報共有が不十分であること、また、それぞれの機関によって虐待死の判断基準にずれがあることなどから、多くの虐待死が見逃されているのではないかと分析しています。
 わたしたちが新聞やテレビ等で知ることになる虐待死事件は、実際に起きている事件のなかのごく一部と考えられます。そして、虐待死がこれだけ存在するということは、これに相当するような扱いを受けている子どもは多数いるはずです。

  • 1
  • 2