今からでも遅くない! 高校生のための「ラジオ英会話」 徹底活用術
人気・実力を兼ね備えた作家たちが贈るWeb限定連載や、豪華インタビューなど。
NHK出版が刊行する 文芸書・ドラマ関連書籍  をご紹介するサイトです。

インタビュー

今からでも遅くない!
高校生のための「ラジオ英会話」 徹底活用術

最終更新日 2018.10.11

N H K「ラジオ英会話」 講師 大西泰斗


■ 英語教育は「4技能」学習へ

 皆さんこんにちは。N H K「ラジオ英会話」講師の大西泰斗です。英語教育はこれから大きく変わります。これまでの英文読解中心の学習から、「話す」を含めた「4技能」の学習へ。みなさんが将来英語を使い世界に羽ばたくことを考えれば、当然の変革が行われるわけですが、ちょっと不安もありますよね? そう、4技能、特に会話力をどうやって伸ばせばいいのかという不安。N H K「ラジオ英会話」はその不安にお応えするまったく新しい番組です。


■ 英文法を知って、英会話の力にする

 英会話の力を得るためには、まず英語をしっかりと「理解する」必要があります。英語というシステムがどう動いているのか、何を知れば伝わる文を作ることができるのか――英文法をしっかりと学習すれば、会話力はそこから着実に伸ばすことができます。もし文法に苦手意識を持っているなら、一度「ラジオ英会話」を聞いてみてください。今まで「意味もわからず丸暗記」だと思っていた文法事項に深い意味があり、役割があることを深く理解することができます。受験にも大いに役立ちますよ!


■「ラジオ英会話」の特徴

 番組は高校生必修の文法事項をすべてカバーしており、文法を会話に結びつけるさまざまな工夫が施されています。各レッスンの内容と学習の仕方を紹介しましょう。

▶ダイアローグ

 冒頭のダイアローグでは、平易な日常会話を収録しています。キーセンテンスだけではなく、最終的にはダイアローグの英文すべてを音読・暗唱してください。多くの状況に対応可能な会話力を身につけることができます。

▶ REAL GRAMMAR FOR COMMUNICATION(会話に役立つ英文法)

 ここでは、重要文法事項を「暗記してください」ではなく、「なぜそうした文法事項があるのか」「ネイティブスピーカーにとってどう感じられているのか」など、会話の実践に直結した解説を行っています。

▶ GRAMMAR IN ACTION(文法の実践)

 学んだ文法事項を用いて「英語を口から出す」練習をしていきます。ラジオでの私の指示に従って英語を ――最初はヘタでもいいですよ(^^) ――口から出してください。「だんだん英語に抵抗がなくなった」、「英語を話す瞬発力が生まれた」といった感想をいただいています。

▶ 今週のREVIEW

 毎週金曜日は復習回。この週の重要ポイントのおさらいです。月~木までのポイントを復習したあと、イラストを見ながら「英語を話す」練習をしてもらいます。ここでもお約束は「必ず英語を音声にして口から出す」こと。まちがえても、発音が悪くてもかまわない。とにかく口から英語を出していくうちに、徐々にさまになってきます。英語を話したければ何度も英語を口から出さなければダメ。当たり前のことですよね。


■ 高校生からビジネスパーソンまで

 「ラジオ英会話」は確実な文法力をつけ、会話力につなげる実践的番組です。高校生の皆さんから英語を切実に必要とするビジネスパーソンの方がたまで、すでに大勢の仲間がいます。「初めて英語を話すことができるようになる気がする」といった感想も多数いただいています。番組は4月に開講していますが、聞き始めるのは今からでも遅くはありません。10 月以降も学習者が悩みがちな重要文法事項のめじろ押しです。皆さんもぜひ、仲間になってくださいね!


■ 2018年度 ラジオ英会話 学習予定表〈毎月のテーマ〉

※内容は変更になることがあります

  • 4月号:4文を生み出す基本文型
  • 5月号:文型の完成
  • 6月号:時表現の完成
  • 7月号:助動詞
  • 8月号:修飾の語順ルール
  • 9月号:否定と比較
  • 10月号:to 不定詞・動詞-ing 形
  • 11月号:過去分詞・受動態
  • 12月号:wh 語の使い方
  • 1月号:疑問と倒置
  • 2月号:仮定法・itの使い方
  • 3月号:成熟した文法力と語順

プロフィール

講師 大西泰斗

筑波大学大学院文芸言語研究科博士課程修了。英語学専攻。オックスフォード大学言語学研究所客員研究員を経て、現在、東洋学園大学教授。NHKテレビ「3か月トピック英会話~ハートで感じる英文法」、「しごとの基礎英語」などの講師を務める。『ネイティブスピーカーシリーズ』(研究社)、『ハートで感じる英文法』(NHK出版)、『一億人の英文法』(東進ブックス)など著書多数。

パートナー&テキスト共同執筆 Paul Chris McVay

英国・プレスコット出身。オックスフォード大学でModernLanguages 修士号を取得後、英国、オーストラリアなどで語学教育に携わる。英語、フランス語、スペイン語に詳しい。現在は麗澤大学特任教授。NHKテレビ「3か月トピック英会話~ハートで感じる英文法」などに出演。大西泰斗との共著多数。

-->