人気・実力を兼ね備えた執筆陣が贈る連載・読み物や豪華インタビューなど、
NHK出版が刊行する書籍(新書・翻訳書・文芸書・教養書)をご紹介するサイトです。

特別寄稿

いちばん旨いマグロとは何か?
第2回「なぜ「大間の一本釣り」は旨いのか」
中原一歩

最終更新日 2019.12.02

写真=鵜澤昭彦

和食にとって特別な意味を持つ魚、マグロ――。晩秋から冬にかけて「旬」を迎えます。マグロ取材歴10年を超える気鋭のノンフィクション作家が「いちばん旨いマグロ」とは何かを追究します。
※本記事は、2019年12月に刊行予定のNHK出版新書、中原一歩『マグロの最高峰』の内容から一部を抜粋したものです。

「大間」とはどこか

「ここ本州最北端の地」
 大間町の突端は大間崎と呼ばれ、そこに立つ羊羹型の石碑にはこう記されている。北緯41度32分、東経140度54分。ここから津軽海峡を隔てた北海道函館市の汐首岬(しおくびみさき)まで直線距離17.5キロしかない。冬の夕暮れ時、この岬に立つと、低く垂れ込めた鉛色の厚い雲の切れ目から、残照に映える渡島(おしま)連峰の陰影がくっきり浮かび上がる。
 人口およそ5000人の大間町は、本州と北海道を隔て、太平洋と日本海を結ぶ津軽海峡の太平洋側の入り口に位置する。町の至る所にマグロを模した巨大なモニュメントやポスター、のぼりがはためく。ただ、日本一のマグロの町といっても、目抜き通りの商店街は閑散とし、シャッター通りと化している。


大間町の位置(大間へ行くためのルートを抜粋)


 町の総面積はおよそ52平方キロメートル(東京の足立区とほぼ同じ面積)。町の8割をクロマツやヒバ、ブナなどの森林が占めていて、集落は三方を海に囲まれた半島の先、猫の額ほどの面積に肩を寄せ合うようにして家々が密集している。
 現在、東京から大間を目指すには大きく分けて2つのルートがある。まず1つ目は、東北新幹線の新青森、もしくは八戸で下車。下北半島を縦貫する国道279号(通称はまなすライン)を通って3時間かけて車で北上するか、ローカル線と路線バスを乗り継いで大間を目指す方法だ。そして、2つ目は飛行機か新幹線を使って北海道函館市に入り、津軽海峡を縦断する一日二便の津軽海峡フェリー「大函丸(だいかんまる)」に1時間半ほど揺られて行く方法だ。
 いずれにしても東京からの移動距離は800キロを超える。日本各地に「僻地(へきち)」と呼ばれる地域は多数あるが、大間の交通の便の悪さは突出している。
 「100万ドルの夜景」で知られる函館の市民は、そんな閉ざされた対岸の町を「函館市大間町」と言って皮肉ることがある。事実、大間は文化、経済の面でも対岸に位置する函館の影響を受けてきた。町には大型量販店や医療機関が少ないので、今でもフェリーに乗って定期的に函館へと通う大間町民は多い。しかし、低気圧が日本海に居座る冬は、毎日のようにフェリーが欠航し、そうなると大間は完全に閉ざされた、本州の袋小路となる。
 大間といえば今はマグロだが、かつては「鮑(あわび)」だった。江戸時代、大間は海上交通の要衝として栄えた。中でも大間産の鮑を乾燥させて作る干し鮑は、高級食材として中国に輸出され「大間鮑」と呼ばれて珍重され、高値で取引されたという。ところが明治維新と共に押し寄せた近代化の波は、日本の物流インフラを海上の船から内陸の鉄道へと急速に変化させた。北前船が廃止され、海上交通網が断ち切られると、大間は一転して陸の孤島と化してしまったのだ。


2つの回遊ルート

 それにしてもマグロはなぜ津軽海峡にやってくるのだろうか――。
 フィリピン南西沖で生まれたマグロは、黒潮に乗って日本近海にやってくる。黒潮は、沖縄本島の西およそ100キロに位置する久米島の沖で分岐し、1つは太平洋ルート、もう1つは日本海ルートに分かれて日本列島に沿って北上する。したがって、マグロも太平洋ルートと日本海ルートに分かれて北上し、やがて津軽海峡周辺で合流するのだ。そのためマグロの水揚げ漁港は日本各地に点在し、季節によって異なる。


日本列島と海流と各地の港


 太平洋側では春は四国沖の高知や室戸、夏になると和歌山・紀伊半島や千葉・銚子。秋には宮城・塩釜。秋から冬は津軽海峡、北海道・噴火湾などだ。
 日本海側は冬から春は長崎・壱岐、山口・萩。夏は鳥取・境港、新潟・佐渡。秋から冬にかけて青森・深浦、もしくは三厩(みんまや)、北海道・松前となる。
 しかし、実はマグロは、単に黒潮に乗って日本沿岸を北上しているわけではない。餌となる小魚を追いかけて大間沖までやってくるのだ。津軽海峡には、宗谷(そうや)海峡を経てオホーツク海へと到達する対馬海流の一部が津軽暖流となって流れ込む。一方、太平洋側の入り口では、太平洋を北上する黒潮の一部と、千島列島に沿って南下する千島海流(親潮)が混じり合う。これらの3つの海流の影響を受ける津軽海峡近辺では、マグロの餌となる小魚が食べるプランクトンが大量発生する。津軽海峡のマグロが好むのはサンマとスルメイカだ。釣れたばかりのマグロの腹を割くと、パンパンに膨らんだ胃袋から大量のスルメイカが出てくることがある。
 津軽海峡は深いところで水深200メートル以上、大間漁港の目と鼻の先にある弁天島灯台付近でおよそ20メートル。海底の地形は起伏に富んでいる。海底の凹凸部分は「根」と呼ばれ、これもプランクトンが大量発生する温床だ。
 マグロは極めて気まぐれな魚で、水面近くをバシャバシャと泳ぎまわる日もあれば、水中深くに潜ったままぷっつりと気配を消し、姿を見せない日が続くこともある。海や魚のこうした性質に加えて、天候、気温、湿度などの気候条件が影響してくる。風向きが一つ変わるだけで漁師は漁場を変えるほどだ。
 大間のマグロ釣りがスタートするのは、毎年、7月の海の日に町をあげて行われる大漁祈願祭(天妃様行列)のあと。最盛期は晩秋から年末だ。マグロは正月を迎えると、いつともなく海峡からその姿を消し、きびすを返すようにして、回遊してきた海道を南下し始める。マグロは十数匹から100匹単位の群れを作って時速数十キロとも言われるスピードで移動するが、その回遊については謎が多く、全てが明らかにはなっていない。ただ、津軽海峡から姿を消したマグロが翌日には新潟・佐渡沖に出現するというから驚きだ。

  • 1
  • 2