3/14(木)発売 3/14(木)発売 絶賛発売中!

ビッグ・クエスチョン<人類の難問>に答えよう ビッグ・クエスチョン<人類の難問>に答えよう

スティーブン・ホーキング/青木薫 訳 スティーブン・ホーキング/青木薫 訳

  • ホーキングの最後のメッセージは希望にあふれている。(CNN) ホーキングの最後のメッセージは希望にあふれている。(CNN)
  • ホーキングはそびえたつ人間の知性の象徴だ。(ワシントン・ポスト紙) ホーキングはそびえたつ人間の知性の象徴だ。(ワシントン・ポスト紙)
書籍イメージ 最後に彼は、究極の答えを残した。
  • 「2018年のベストブック」選出 ガーディアン紙
    フォーブス紙、ワイアード紙
  • No.1ベストセラー! ニューヨーク・タイムズ紙
    サンデー・タイムズ紙

ホーキングが生涯かけて答えを追い求めた

10のビッグ・クエスチョン

  • 神は存在するのか?
  • 宇宙はどのように始まったのか?
  • 宇宙には人間のほかにも知的生命が存在するのか?
  • 未来を予言することはできるのか?
  • ブラックホールの内部には何があるのか?
  • タイムトラベルは可能なのか?
  • 人間は地球で生きていくべきなのか?
  • 宇宙に植民地を建設するべきなのか?
  • 人工知能は人間より賢くなるのか?
  • より良い未来のために何ができるのか?

なぜビッグ・クエスチョンを
問うべきなのか

── スティーヴン・ホーキング

人はいつの時代も、ビッグ・クエスチョンへの答えを求めてきた。
私たちはどこから来たのだろうか?
宇宙はどのように始まったのだろうか?
宇宙には私たちのほかにも誰かいるのだろうか?

私は、本書に取り上げたビッグ・クエスチョンを考えると胸が躍るし、
それらを探究することに情熱を傾けている。

人はみな、未来に向かってともに旅するタイムトラベラーだ。

私たちが向かう未来を、
誰もが行きたいと思うような未来にするために、
力を合わせようではないか。 (本文より)

天才科学者による、
最後の書き下ろし!
全世界で累計100万部突破

「世界でもっともすぐれた科学者」と称されたホーキング博士が死の直前まで取り組んでいたのは、人類が直面する困難な課題(ビッグ・クエスチョン)だった。
地球温暖化が進み、核の脅威が増し、人工知能が人間を脅かす時代に、私たちはどのように考え、未来を形作っていけばよいのか――。誰もが抱いている10の疑問に博士がわかりやすく答えた全人類への最良の贈り物。

表紙画像 世界40か国で刊行決定

スティーヴン・ホーキング Stephen Hawking 1942.1.8~2018.3.14

オックスフォード大学、ケンブリッジ大学大学院で物理学と宇宙論を専攻。21歳のときに運動ニューロン疾患を発症。37歳でルーカス教授職に選出され、30年にわたり同職を務めた。王立協会フェロー、全米科学アカデミー会員。
著作に『ホーキング、宇宙を語る』(早川書房)、『ホーキング、未来を語る』(ソフトバンク クリエイティブ)など。

ビッグ・クエスチョン<人類の難問>に答えよう

発売日 2019年3月14日 四六判 上製 256ページ
ISBN 978-4-14-081773-5 C0098

この商品を購入する

その他の書店で購入する

本書を読んだ有識者の方々からのコメント

書評

ユーモアと個性に満ちたこの本を読んでいると、講演会場にいるようだ。宇宙研究の偉大な業績のもとに、宇宙や人間社会の大疑問にズバッと答えている。実に楽しく読み応えのある本だ。

佐藤 勝彦(宇宙物理学者。東京大学名誉教授)

「私は限界を信じない。」天才の最後の言葉は夢と希望を与える。

村山 斉(理論物理学者。東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構教授)

宇宙の謎、科学と宗教の関係、人類の未来をめぐる明快でスリリングな考察
「知りたがること」の楽しさと大切さを改めて教えてくれる。

須田 桃子(毎日新聞科学環境部記者)

特別イベント

3月24日(日)に、出版記念シンポジウムを開催しました。
たくさんの方のご参加、ありがとうございました。

3/24(日) 14:00~15:30 JPタワー ホール&カンファレンス

ビッグ・クエスチョン 出版記念シンポジウム ホーキング博士のラストメッセージを読み解く!

「ビッグ・クエスチョン」の刊行に際し、各界の第一線で活躍する登壇者の方々をお招きして、ホーキング博士が本書の中で伝えたかったことを読み解いていきます。
私たちは博士のメッセージをどうやって未来につないでいけばいいのか――。
識者の方々とみなさんとで、一緒に考えていく場にしていきましょう。

特別ゲスト

ティモシー・ホーキング氏
(ホーキング博士 次男)

登壇者

池上彰氏 撮影:佐藤 克秋

池上 彰

1950年生まれ。慶應義塾大学卒業。
NHKで記者やキャスターを歴任、94年より11年間『週刊こどもニュース』でお父さん役を務める。2005年よりフリージャーナリストとして多方面で活躍中。東京工業大学リベラルアーツセンター教授を経て、現在、東京工業大学特命教授。名城大学教授。
著書に『おとなの教養』『はじめてのサイエンス』など多数。

村山斉氏

村山 斉

1964年生まれ。東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。
専門は素粒子物理学。カリフォルニア大学バークレー校教授、東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構教授。西宮湯川記念賞、アレキサンダー・フォン・フンボルト財団研究賞を受賞。アインシュタイン財団に「世界に影響力を持つ100人」に指名される。

落合陽一氏 撮影:蜷川実花

落合 陽一

1987年生まれ。メディアアーティスト。東京大学大学院学際情報学府博士課程早期修了。博士(学際情報学)。2015年World Technology Award、2016年Prix Ars Electronica、EUよりSTARTS Prize受賞。Laval Virtual Awardを2017年まで4年連続5回受賞など、国内外で受賞多数。直近の個展として「質量への憧憬」(東京・品川、2019)」など。
近著として「日本進化論」(SBクリエイティブ)、「デジタルネイチャー」(PLANETS)。

須田桃子氏

須田 桃子

1975年生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。物理学専攻。2001年毎日新聞社入社。2006年から東京本社科学環境部記者。
生命科学や生殖補助医療、天文、ノーベル賞などを担当。『捏造の科学者――STAP細胞事件』で大宅壮一ノンフィクション賞、科学ジャーナリスト大賞を受賞。
近著に『合成生物学の衝撃』。

娘 ルーシー・ホーキングからのメッセージ

メッセージ

父が亡くなってから、生きていたら喜んだであろうことがたくさん起こった。私はそれらを教えてあげたかった。父はびっくりするほど謙遜家なところがあり、注目されるのが大好きな一方で、自分の名声にとまどってもいたようだった。
自らに対する父の姿勢がよく表れている言葉として、次の一節が私の目に飛び込んできた。「もしも私が何か貢献したのであれば」。ここに「もしも」という言葉を添えるのは、父だけだろう。父が貢献を成したことは、父以外の誰も疑わないと思う。そしてそれはなんという貢献なのだろう。宇宙の構造と起源を探るという宇宙論の壮大な仕事と、大きな困難を背負いながら、申し分なく人間的な勇気とユーモアを持っていたことのふたつの面で父は貢献をした。忍耐の限度を超えながら、知識の限界をも超えて、その壁を越える方法を見出した。これほど偶像的な存在になりながら、気さくで親しみやすい人だと思ってもらえることができたのは、そのふたつの面があったからだろう。
父は病気を得たけれど、屈することなく生き抜いた。父ほど勇敢にはけっしてなれないだろう。それでも、勇敢になろうとすることはできるし、父はそのことを教えてくれた。

(本書「あとがき」より)