0
0
カートを見る

エンデの警鐘「地域通貨の希望と銀行の未来」  

[編著] 坂本龍一 [編著] 河邑厚徳

関連する全ての商品を見る

定価:1,728円(本体1,600円)

送料 120円

発売日 2002年04月25日

商品紹介

『エンデの遺言「根源からお金を問うこと」』は社会的反響を呼び、地域通貨の試みが大きな広がりを見せている。また、北欧の無利子銀行、日本の未来バンクなど、金融システムにおける新たな胎動も始まっている。本書では、そうしたさまざまな動きを紹介しながら、お金の問題に関心を寄せる音楽家坂本龍一とともに、「エンデの遺言」の意味を再び考える。

商品情報

発売日
2002年04月25日
価格
定価:1,728円(本体1,600円)
判型
四六判
ページ数
320ページ
商品コード
0080667
Cコード
C0033(経済・財政・統計)
ISBN
978-4-14-080667-8

購入のご案内

エンデの警鐘「地域通貨の希望と銀行の未来」

定価:1,728円(本体1,600円)

送料 120円

発売日 2002年04月25日

品切れ

売り切れました