0
0
カートを見る

商品紹介

豪華講師陣が誘う、めくるめくサブカルチャーの世界

「深掘り」とは、溺れる力、あるテーマにどっぷり浸かることができる力を意味する。それは愛の力と言ってもいい。愛を突きつめることが可能になったとき、彼方に新しい地平が浮き上がることを読者は実感できるだろう。新しい表現に含まれる「毒」をいかに読み解くのか。耽溺する「技」で「毒」の魅力を語る、画期的サブカルチャー論第2弾! NHK Eテレ「ニッポン戦後サブカルチャー史Ⅱ DIG 深掘り進化論」、待望の出版化。

今回のテーマは、女子高生、SF、深夜テレビ、リズム歌謡、ヘタうま、ストリート・カルチャー。メイン講師・宮沢章夫に加え、各界の第一人者が参加! 圧倒的な専門知識を背景にした分析で、膨大な「固有名詞」を線によってつなげていく。

まずは序章において、宮沢章夫が、ひとまず「サブカルチャーとは何か」、定義する。そして続く講師陣は、ときに共振しながら、ときに宮沢の定義からはみ出しながら、独自のサブカルチャー論を展開していく。複眼的な視点から、サブカルチャーの歴史が、そして知られざる戦後文化史が明らかになる。

◇実用性を高めるために、各章にそれぞれ、関連年表(4~6ページ)、推薦作品ガイド(書籍、映画、音楽、演劇/8~16作品)、そして注釈を付しました。
◇巻頭のカラー口絵ページ(観音開き)には、各章の議論をもとにして作製した、「ニッポン戦後サブカルチャー史関連相関図」も!

目次

序 章 サブカルチャーについてもう一度考えてみる(宮沢章夫)
第1章 ニッポン女子高生史(番組制作班)
第2章 SFは何を夢見るか?(大森 望)
第3章 深夜テレビの背徳(泉 麻人)
第4章 ラテンも日本人のリズムだ(輪島裕介)
第5章 ヘタうま――アートと初期衝動(都築響一)
第6章 ストリート・カルチャー――他者と出会うために(宮沢章夫)
(構成/さやわか

商品情報

発売日
2017年04月27日
価格
定価:1,944円(本体1,800円)
判型
A5判
ページ数
224ページ
商品コード
0081686
Cコード
C0095(日本文学評論 随筆 その他)
ISBN
978-4-14-081686-8

購入のご案内

NHK ニッポン戦後サブカルチャー史 深掘り進化論

定価:1,944円(本体1,800円)

送料 120円

発売日 2017年04月27日

在庫あり

数量