マイコンテンツや、お客様情報・注文履歴を確認できます。
閉じる
0
0
カートを見る

4歳の僕はこうしてアウシュヴィッツから生還した  

[著] マイケル・ボーンスタイン [著] デビー・ボーンスタイン・ホリンスタート [訳] 森内 薫

関連する全ての商品を見る

定価:1,944円(本体1,800円)

送料 120円

発売日 2018年04月27日

商品紹介

母の勇気ある決断が奇跡を起こす!

1940年にドイツ占領下のポーランドに生まれたマイケルは、ゲットーや収容所暮らしを余儀なくされたのち、
わずか4歳でアウシュヴィッツに送られた。
なぜ、子どもが次々に殺されていった収容所で、彼は6か月も生き延びられたのか?

悪や絶望がうずまく世界の中で、ひたむきに前を向いて生きたマイケル一族の姿が胸を打つとともに、
家族の絆や、希望を失わずに生きることの大切さを
あらためて教えてくれる良質なノンフィクション。

〈レビュー〉
この作品は若い読者向けに物語形式で書かれたノンフィクションである。しかし、そこにつづられた苦難と、それと同じほどの希望は、あらゆる世代の読者に強く訴えかけた。瞠目すべき一冊。―――「ニューヨークタイムズ」紙

この感動的な回顧録は、人間の悪の可能性と、それを跳ね返す力の可能性を記した重要な証言である。―――「パブリッシャーズ・ウィークリー」誌

強制収容所から解放され戻ってきた世界はしかし、なおも憎悪と恐怖で満ちており、その中で生活を立て直すのは容易なことではなかった。そうした想像を絶する逆境を、個々人や家族としてたがいに結びつきながら乗り越えていく。この非凡なノンフィクション作品においてもっとも刮目に値するのは、悲劇のただなかでも人々が希望を持ちつづけることだ。――「VOYA」誌

本に収載しきれなかった写真資料はこちら

目次

序文 語る時が来た
1 カップを忘れないで
2 血の月曜日
3 一斉召集
4 洗濯物に紛れて
5 ユダヤ人評議会
6 前を向いて
7 カネはモノをいう
8 暗い噂
9 いとこのルース
10 最後の決断
11 とらえられて
12 別れの贈り物
13 B-1148
14 アウシュヴィッツの罰
15 フェンス越しの知らせ
16 予期せぬ旅立ち
17 幸運な病
18 ルースへの訪問者
19 歴史の中の写真
20 わが家
21 ヒルダおばさん
22 亡霊の顔
23 扉をたたく音
24 母の帰還
25 サバイバーズ・クラブ
26 アメリカン・ドリーム
27 岐路
28 残っていたものは
29 裏庭の出会い
30 がれきの街
31 ミュンヘンの闇の顔
32 鉤十字の首飾りの婦人
33 ユダヤの成人式

商品情報

発売日
2018年04月27日
価格
定価:1,944円(本体1,800円)
判型
四六判
ページ数
344ページ
商品コード
0081738
Cコード
C0098(外国文学その他)
ISBN
978-4-14-081738-4

購入のご案内

4歳の僕はこうしてアウシュヴィッツから生還した

定価:1,944円(本体1,800円)

送料 120円

発売日 2018年04月27日

在庫あり

数量

以下のサイトからもご購入いただけます。
在庫情報や購入方法は各サイトにてご確認ください。