マイコンテンツや、お客様情報・注文履歴を確認できます。
閉じる
0
0
カートを見る

「木」から辿る人類史  ヒトの進化と繁栄の秘密に迫る

[著] ローランド・エノス [訳] 水谷 淳

関連する全ての商品を見る

定価:2,530円(本体2,300円)

送料 110円

発売日 2021年09月28日

商品紹介

二足歩行、交易、産業の発展……すべて成功の鍵は「木」にあった!

ヒトはいかにして二足歩行を始め、文明を築き、驚異の発展を遂げたのか?
定説では、石・青銅・鉄が重要な役割を担ったとされている。しかし、じつは「木」こそが歴史をつくった最も重要な鍵だと著者は言う。類人猿の樹上の巣から、交易に活用された木舟、多様な建築技術、エネルギー源としての木炭まで、つぶさに語られる木の驚くべき汎用性を通して、今まで見えていなかった新しい歴史の姿が現れる。
人類学・建築学・生体力学など幅広い研究をもとに、構造的な特殊性をもつ木と、創意工夫に長けた人類の700万年にわたる関係を、斬新な視点で解き明かす壮大な物語。

●本書に寄せられた賛辞
「人類が直立二足歩行を進化させたのは、地上に降りたからではなく、木の上を歩くためだった。
石や青銅や鉄のかげで見落とされていた木に注目して、説得力ある新しい人類史700万年を展開した好著である」 
  ――更科 功(古生物学者)

「木が人類の歴史を方向づけたことを立証した本書は、
木と生き、木を愛してきた僕たち日本人にとって、待望の"木の聖書"である」 
  ――隈 研吾(建築家)

「人類史のほぼ全期間において、新たな呼称をつけるべきかもしれない。すなわち"木の時代"と」
  ――『ニュー・リパブリック』

「人類が"木"に対して、計り知れないほどの"借り"があることを示した驚くべき本。
本書は、まさに人類史の再解釈といえる。近代的な木造建築、森林伐採など幅広い話題を扱い、感嘆に値する」
  ――『サンデー・タイムズ』

「著者は古人類学を通じて、人類が森を出た理由と初期の技術開発について探究し、
社会史、建築、地質学、機械工学など、さまざまな分野の木に関する研究成果をまとめた。
本書は天然資源の問題が山積する現代において必読の、優れた歴史ノンフィクションだ」
  ――『カーカス・レビュー』

目次

第1部 木が人類の進化をもたらした(数百万年前~1万年前)
 第1章 樹上生活の遺産
 第2章 木から下りる
 第3章 体毛を失う
 第4章 道具を使う

第2部 木を利用して文明を築く(1万年前~西暦1600年)
 第5章 森を切り拓く
 第6章 金属の融解と製錬
 第7章 共同体を築く
 第8章 贅沢品のための木工
 第9章 まやかしの石造建築
 第10章 文明の停滞

第3部 産業化時代に変化した木材との関わり(西暦1600年~現代)
 第11章 薪や木炭に代わるもの
 第12章 一九世紀における木材
 第13章 現代世界における木材
 第4部 木の重要性と向き合う
 第14章 森林破壊の影響
 第15章 木との関係を修復する

商品情報

発売日
2021年09月28日
価格
定価:2,530円(本体2,300円)
判型
四六判
ページ数
368ページ
商品コード
0081874
Cコード
C0098(外国文学その他)
ISBN
978-4-14-081874-9

購入のご案内

「木」から辿る人類史 ヒトの進化と繁栄の秘密に迫る

定価:2,530円(本体2,300円)

送料 110円

発売日 2021年09月28日

在庫あり

数量