マイコンテンツや、お客様情報・注文履歴を確認できます。
閉じる
0
0
カートを見る

家電製品協会 認定資格シリーズ

スマートマスター資格

スマートマスター 2020年版  スマート化する住まいと暮らしのスペシャリスト

[編] 一般財団法人 家電製品協会

関連する全ての商品を見る

定価:4,180円(本体3,800円)

送料 110円

発売日 2020年04月24日

商品紹介

2020年9月と2021年3月に行われるスマートマスター資格試験内容を収載。

スマートハウス普及を推進し、暮らしを「快適」に!スマートマスター資格の取得を目指す方にとっての必読本

『スマートマスター』は、スマートハウスのプロフェッショナルとして、家の構造・性能に関する知識、家電製品から住宅設備、さらにはエネルギーマネジメントまで、それらに関する技術や商品の動向を理解し、様々な製品やサービスを組み合わせる横断的な知識をもって、消費者個々のニーズに合ったスマートハウスの構築を支援する資格です。
IoT・AI・ビッグデータ・ロボットなどの普及に伴い、消費者のライフスタイルは大きく変わっていくことが予想されます。
今後普及が進んでいくことが期待されているスマートハウスは、これらの技術を駆使することにより、住宅メーカーはもとより、電力・ガスなどのエネルギー供給業者、電機メーカー、住宅設備事業者、通信事業者など様々な事業者が、それぞれの技術や製品、サービスを提供していき、家庭におけるエネルギー消費効率を高めると共に、その家に暮らす人々の利便性・快適性・安全性などを向上させていきます。
スマートマスター資格は、進化するスマートハウスの設営に向けて、ゼロエネルギーハウスの構築や安全・安心・快適な”住まい”と”暮らし”を実現するために必要な知識を問うものです。
2020年9月6日と2021年3月に行われるスマートマスター資格試験では、「スマートハウスの基礎」と「スマートハウスを支える機器・技術の基礎」の2科目の試験が行われます。2科目の内容を一冊に収載したのが本書です。
「スマートハウスの基礎」では、①将来を目指した「スマートハウスづくり」に注力し、具体的な事例を紹介し、スマートハウスの基本的な構築を解説します。②新築戸建て住宅に加え、マンションなどの集合住宅や賃貸住宅といった利用者の多い物件に関する可能な「スマートハウス化」の手法や「関連法規」を解説します。
「スマートハウスを支える機器・技術の基礎」では、「エアコン」「冷蔵庫」「照明」などの省エネ化やスマートフォンを使ってのコントロールなど、快適な生活を向上させるための基礎知識や、通信技術、法規を解説します。

商品情報

発売日
2020年04月24日
価格
定価:4,180円(本体3,800円)
判型
B5判
ページ数
488ページ
商品コード
0072151
Cコード
C2354(電気)
ISBN
978-4-14-072151-3

購入のご案内

家電製品協会 認定資格シリーズ

スマートマスター資格

スマートマスター 2020年版 スマート化する住まいと暮らしのスペシャリスト

定価:4,180円(本体3,800円)

送料 110円

発売日 2020年04月24日

在庫あり

数量