マイコンテンツや、お客様情報・注文履歴を確認できます。
閉じる
0
0
カートを見る

1964 東京ブラックホール  

[著] 貴志 謙介

関連する全ての商品を見る

定価:1,870円(本体1,700円)

送料 110円

発売日 2020年06月27日

商品紹介

なぜ、これほどまでに、<いま>と似ているのか。貧困は拡大し、人命は軽視される…。すべての源は五輪イヤーにあった!

 失われた記憶をよみがえらせるための強力な手がかりは、国内外に残された一万本を超える記録映像である。フィルムに刻印された映像から得られるものは多い。さまざまな光景が時を超えて、思いがけない意味を獲得し、一九六四年のリアルが「忘却の海」から姿を現しはじめる。
 たとえば、東京では水洗便所はまだ普及しておらず、列車のトイレから汚物が線路にまき散らされていた。一〇〇〇万人の糞尿は東京湾の沖合に流された。川という川は工場廃液でどす黒く汚染され、大量の魚の死骸が浮き、発がん性物質が発見された。
 東京は世界最大級の汚染都市だった。有毒ガス、塵埃(じんあい)、都民一〇〇〇万のゴミが街にあふれた。
 赤痢(せきり)、チフス、コレラが流行する疫病都市でもあった。生活環境の破壊は信じがたいほど放置されていた。
 交通事故の死亡率は世界一。不慮の事故で命を落とす確率も世界の大都市で最悪だった。
 人命軽視の風潮がエスカレートしていた。東京を底辺で支える出稼ぎ労働者が毎日一〇人も建設現場で転落。だが補償はない。
 貧困と格差が拡大していた。ベビーブーマーが集団就職で東京に殺到。かれらは低賃金・長時間・非正規労働で搾取された。出稼ぎで農村は崩壊し、女性は重労働で次々と倒れた。
 労働者たちは、苦しい家計をやりくりするため血を売った。だが輸血の二割は、肝炎のウイルスに侵されていた。一方、血液の売買で稼いだ戦犯容疑者の人脈が、日本の医学界に復権した。
 腐敗していたのは、川や空ばかりではない。東京は空前の汚職天国だった。一兆円の五輪マネーを食い物にし、新幹線工事、五輪道路工事で汚職が続発。東京都庁は日本最悪の腐敗官庁だった。
 自由民主党の総裁選では三〇億円がばらまかれ、ひとり一〇〇〇万円で議員が公然と買収された。
 右翼の大物が自民党のパトロンとなった。ヤクザは一八万人、史上空前の規模に膨れ上がり、資金源を拡大して政界に介入した。
 少年犯罪の発生件数が戦後のピークを記録。中流家庭の少年が猟奇事件を起こす。
 夏には、ベトナム戦争がはじまり、東京は米軍の出撃基地となった。この年、米軍機が一七機も墜落。多くの市民が犠牲になった。
 五輪は冷戦の現実に振り回された。工作員が舞台裏で暗躍、北朝鮮とインドネシアがボイコット、閉会式はアラブ諸国とイスラエルの確執で破綻(はたん)寸前だった。五輪のさなか、中国が核実験に踏み切り、政府は密かに原発推進を検討した。
〝宴〞が終わると、日本は戦後最悪の深刻な不況に見舞われた。不況から脱出できたのは、ベトナム戦争でばらまかれた莫大なドルのおかげだった。

 埋もれていた映像からよみがえるのは、繁栄の陰でさまざまな矛盾に苦しめられ、不安と焦燥に苛(さいな)まれる無数の人生だった。一九六四年の記憶の大半は、「忘却の海」に沈められていた。わたしたちは紋切り型のイメージを除けば、この年の劇的な出来事をほとんど何も知らないのである。(プロローグより)

目次

プロローグ 漂白された記憶
第一章 東京地獄めぐり
1 戦慄都市
2 人命軽視
第二章 忘れられた人生
1 青春流転
2 吸血銀行
第三章 ブラック・ソサエティ
1 汚職天国
2 組織暴力
3 東京浄化
第四章 虚妄のホワイトカラー
1 中流幻想
2 少年犯罪
第五章 首都圏=USA
1 占領復活
2 地下帝国
第六章 五輪をめぐる幻想
1 聖戦完遂
2 冷戦忘却
第七章 宴のあと
1 列島崩壊
2 戦争特需
エピローグ 一九六四/二〇二〇

商品情報

発売日
2020年06月27日
価格
定価:1,870円(本体1,700円)
判型
四六判
ページ数
304ページ
商品コード
0081823
Cコード
C0095(日本文学評論 随筆 その他)
ISBN
978-4-14-081823-7

購入のご案内

1964 東京ブラックホール

定価:1,870円(本体1,700円)

送料 110円

発売日 2020年06月27日

在庫あり

数量