0
0
カートを見る

NHK出版新書 350

印象派で「近代」を読む  光のモネから、ゴッホの闇へ

[著] 中野京子

関連する全ての商品を見る

定価:1,080円(本体1,000円)

送料 120円

発売日 2011年06月10日

商品紹介

時代とともに、絵は変わる。 でも、“人間の心”は変わらない。

19世紀後半のフランスに起こった絵画運動で、現代日本でも絶大な人気を誇る「印象派」。 “光”を駆使した斬新な描法が映し出したのは、未だ克服せざる「貧富差」による“闇”であった。 マネ、モネ、ドガからゴッホまで、美術の革命家たちが描いた“近代”とは――。

19世紀後半のフランス。時代は産業革命の進展にともない、政治・経済・文化ともに劇的な変動の只中にありました。文化の面で特筆すべきは、「印象派」の出現です。写実性と遠近法でもって神話や歴史を取り扱う従来の古典主義に対し、新たな空間表現と明るい色使いで自由奔放に描く印象派の画法は、その後の絵画のみならず芸術全般に多大な影響を及ぼした――というのは周知のとおりですが、そこに著者は、注目すべき新たな視点を提示します。「“光”を駆使したその斬新な描法が映し出したのは、貧富差をはじめ、近代社会がつくりあげた矛盾の“闇”であった」と。
本書も前作の『「怖い絵」で人間を読む』と同様、著者自身による詳細な図版解説を付したヴィジュアル版の形をとっています。メイン絵画26作品のオールカラー掲載はもちろん、ほか40点を超える名画と画家プロフィールページも付しながら「本体価格1000円」という、たいへん贅沢でお買い得な一品にまとまっています。
「絵画は“見る”よりも“読む”ほうが先」という新たな鑑賞法を説き、絵画から時代をみる数々の良作を残した著者にとっても、今回のような「印象派に特化して近代を語る」のは初めての試みです。そこから浮かび上がってくるものとは何でしょうか? やはり人間の業であり、「怖さ」なのでしょうか。美術評論でありながら西洋近代史論の性格も併せ持つ中野京子待望の新刊です。
(NHK出版 加藤剛)

目次

第1章 新たな絵画の誕生
第2章 「自然」というアトリエ
第3章 エミール・ゾラをめぐる群像
第4章 キャンバスに映されたパリ
第5章 都市が抱えた闇
第6章 ブルジョワの生きかた
第7章 性と孤独のあわい
第8章 印象派を見る眼

商品情報

発売日
2011年06月10日
価格
定価:1,080円(本体1,000円)
判型
新書判
ページ数
216ページ
商品コード
0088350
Cコード
C0271(絵画・彫刻)
ISBN
978-4-14-088350-1

購入のご案内

NHK出版新書 350

印象派で「近代」を読む 光のモネから、ゴッホの闇へ

定価:1,080円(本体1,000円)

送料 120円

発売日 2011年06月10日

在庫あり

数量