マイコンテンツや、お客様情報・注文履歴を確認できます。
閉じる
0
0
カートを見る

商品紹介

彼らは、最も困難な問題に立ち向かい、絶望が支配するところに希望をもたらす――。

「戦争をしなかった唯一のアメリカ大統領」ジミー・カーター、50年続いたハイパーインフレを数か月で解消したフェルナンド・カルドーゾ元ブラジル大統領……ネルソン・マンデラのもとに集まった「知の長老たち」(エルダーズ)は世界の“困難”にどう立ち向かうのか。「核の問題をどうするか?」「国家の秘密は守られるべきか?」「日本は近隣諸国とどう向き合うべきか?」――現代最高の「知の実践者」6人が世界の課題と解決策について答える、大ベストセラー『知の逆転』に次ぐ第2弾!

 サイエンス・ジャーナリストの吉成真由美さんによる『知の逆転』は、おかげさまで多くの読者の好評を博し、大ベストセラーとなりました。本書はその第2弾、今回登場するのはいずれも大統領級の重鎮6人、「世界の困難」を解決するためにネルソン・マンデラが創設した「エルダーズ」(グローバル村の長老たち)のメンバーです。
 「人権外交」を掲げ、第二次大戦後に「戦争をしなかった唯一のアメリカ大統領」ジミー・カーター。50年続いたハイパーインフレをわずか数か月で解消した「ブラジル史上最高の大領領」フェルナンド・カルドーゾ。「持続可能な開発」という画期的なコンセプトをいち早く打ち出すなど国際社会において強いリーダーシップを発揮した「左派の鉄の女」グロ・ハーレム・ブルントラント元ノルウェー首相。在任中に支持率93%という圧倒的人気を博し「人権のチャンピオン」の異名をとるメアリー・ロビンソン元アイルランド大統領。国連特使として世界の紛争解決に多大なる成果を上げた「世界一の外交官」マルッティ・アハティサーリ元フィンランド大統領。「ビジネスの目的は金儲けではなく社会貢献にある」ときっぱりと言い切り、マンデラとともに「エルダーズ」を創設したヴァージン・グループ総帥リチャード・ブランソン。
  “実際、世界で喫緊の問題は何なのか?”“グローバルな活躍とはどういうことなのか?”“国際司法のダブルスタンダードをどうしたらいいのか?”“国家の秘密は守られるべきか?”“日本は近隣諸国とどう付き合えばいいのか?”“核の問題はどうすべきなのか?”彼らは、これらの難問にどう答えるのでしょうか。
 彼ら6人は皆、言われなき批判や中傷にさらされながらも、どんな厳しい状況に陥っても己のプリンシプルに忠実な言動を貫き、その叡智と勇気で様々な問題を実際に解決し、卓越した能力と人間的魅力で人々の尊敬を集めてきた人たちです。その言葉のひとつひとつから、現代世界のほんとうの課題と解決策、そしてこれからの時代を生き抜くために、誰もが必要している基盤や勇気を感じ取れると思います。
 グローバルな活躍を志している若い方、また今の世界のあり方に疑問を感じている方は、ぜひ手にとってみてください。
(NHK出版 伊藤周一朗)

目次

第一章 戦争をしなかった唯一のアメリカ大統領―ジミー・カーター
第二章 五〇年続いたハイパーインフレを、数か月で解消した大統領―フェルナンド・カルドーゾ
第三章 「持続可能な開発」と「少女結婚の終焉」―グロ・ハーレム・ブルントラント
第四章 「人権のチャンピオン」と「世界一の外交官」―メアリー・ロビンソン&マルッティ・アハティサーリ
第五章 ビジネスの目的は、世の中に“違い”をもたらすこと―リチャード・ブランソン

商品情報

発売日
2014年04月11日
価格
定価:842円(本体780円)
判型
新書判
ページ数
240ページ
商品コード
0088432
Cコード
C0231(政治(含む国防軍事))
ISBN
978-4-14-088432-4

購入のご案内

NHK出版新書 432

知の英断

定価:842円(本体780円)

送料 120円

発売日 2014年04月11日

在庫あり

数量