マイコンテンツや、お客様情報・注文履歴を確認できます。
閉じる
0
0
カートを見る

NHK出版新書 480

スーパーヒューマン誕生!  人間はSFを超える

[著] 稲見昌彦  

関連する全ての商品を見る

定価:842円(本体780円)

送料 120円

発売日 2016年02月10日

商品紹介

人類はついにSFの想像力を超えた!

拡張する身体、サイボーグ化する人間、分身ロボット……未来は希望か、絶望か。人間の身体観が更新するとき、はじめて情報化社会は完成するだろう。「人間拡張工学」の最前線で研究する著者が、SF作品に登場する設定やシーンを切り口に、「スーパーヒューマン」の登場を鮮やかに描き出す!

編集担当者より

拡張する身体、サイボーグ化する人間、分身ロボット――
人間拡張工学の第一人者である東京大学の稲見昌彦先生が、
SF作品を例にしながら、人間の新たな可能性に迫るのが本書です。
本に登場する作品をご紹介しましょう(※順不同)。

【漫画・アニメ・小説】
『攻殻機動隊』『AKIRA』『電脳コイル』『サイコパス』『機動警察パトレイバー』『鉄腕アトム』『ドラえもん』『ジャンボーグA』『鉄人28号』『巨人の星』『サイボーグ009』『新世紀エヴァンゲリオン』『まるいち的風景』『パーマン』『コブラ』『三つ目がとおる』『バビル2世』『ゴルゴ13』『トリコ』『アンパンマン』『ワンピース』『寄生獣』『デモクラティア』『代理で月へ』『ウォルドウ』『変身』『透明人間』『R.U.R.』『夏への扉』『宇宙の戦士』『ブラック・ジャック』『ピーターパン』『オズの魔法使い』

【映画・TV】
『パシフィック・リム』『A.I.』『スター・ウォーズ』『サロゲート』『リアル・スティール』『エイリアン2』『ターミネーター2』『マイノリティ・リポート』『ジュラシックパーク』『ジュラシック・ワールド』『タイタニック』『アントマン』『マッドマックス』『2001年宇宙への旅』『メトロポリス』『第9地区』『スーパーマン』『スター・トレック』『ナイトライダー』『ファイヤーフォックス』『インビジブル』『ザ・フライ』『マトリックス』『トータル・リコール』『マルコヴィッチの穴』『転校生』『ウルトラマン』

「おいおい、『アンパンマン』のどこがSFなんだ!?」
という皆さんからのツッコミはさておき、
このうち10個以上のSF作品を知っていらっしゃれば、
きっと本書の面白さを感じとっていただけるはずです。
SFを超える人間が持つ可能性にワクワクしていただけます。
20個以上ならば、ぜひ本書を読むべきです。
「そんな作品の見方があったか!」と思っていただけるはずです。

出版社にいて本をつくるなかで、
これほど楽しく編集できた本はほかにありません。
本を手にとり目次だけでもご覧いただければ幸いです。
(NHK出版 久保田大海)

目次

序 章 SFから人間拡張工学を考える
第1章 人間の身体は拡張する
  1 拡張身体とは何か?――「補綴」から「拡張」へ
  2 どこまでが拡張身体なのか?――脳と道具の間にあるもの
  3 どこまでが身体なのか?――曖昧な身体の境界線を探る
第2章 インターフェイスとしての身体
  1 現実世界はひとつなのか?――五感がつくる現実感
  2 新たな現実はつくれるのか?――感覚と情報がつくるバーチャル・リアリティ
  3 人間は離れた場所に実在できるのか?――脱身体としてのテレイグジスタンス
第3章 ポスト身体社会を考える
  1 ロボットはなぜヒト型なのか?――分身ロボットとヒューマノイド
  2 他人の身体を生きられるのか?――分身から変身へ
  3 身体は融け合うことができるのか?――融身体・合体からポスト身体社会へ

商品情報

発売日
2016年02月10日
価格
定価:842円(本体780円)
判型
新書判
ページ数
240ページ
商品コード
0088480
Cコード
C0236(社会)
ISBN
978-4-14-088480-5

購入のご案内

NHK出版新書 480

スーパーヒューマン誕生! 人間はSFを超える

定価:842円(本体780円)

送料 120円

発売日 2016年02月10日

在庫あり

数量