マイコンテンツや、お客様情報・注文履歴を確認できます。
閉じる
0
0
カートを見る

NHK出版新書 488

中国メディア戦争  ネット・中産階級・巨大企業

[著] ふるまいよしこ

関連する全ての商品を見る

定価:842円(本体780円)

送料 120円

発売日 2016年05月10日

商品紹介

激変する中国社会の熾烈な情報バトルを庶民目線で描く

市場経済とIT化が急速に進む中国では、三億人といわれる中産階級たちがスマホで世界中の情報と商品を手に入れ、スクープやスキャンダルに夢中になり、アリババなどの巨大IT企業を支えている。SARSから天津爆発事故まで社会を揺るがした大事件を織り込みつつ、「中国の報道はプロパガンダ一色」という色眼鏡越しでは見えてこない現代中国のダイナミズムを伝える。

編集担当者より

繁華街の電器店、ブティック、レストランに殺到する中国人観光客のみなさん。その購買力、食欲には圧倒されるばかりですが、彼ら彼女らのエネルギッシュな行動の源にあるのは「情報欲」だと、本書を担当して確信しました。
中国のネットユーザーは6億8000万人。スマホでオンラインショッピングやニュースチェックを日常的に行う「中産階級」は日本の総人口の倍ほどもいるといわれます。メッセージアプリで記事を配信するアカウントは1300万!面白い記事に集まる「おひねり」の総額はなんと3億円!
数だけではありません。本書では新聞、雑誌、テレビなどの伝統メディアから最新のスマホアプリまで、さまざまなメディアの10年史が社会の変化や大事件とともに語られますが、当局の情報統制をいかにかいくぐって「真実」を伝えるかに苦心する記者たち、アカウントを消されても消されても発信し続ける市民たち――。日本とは熱量が全然違います。その葛藤はときに深刻でときにユーモラス。つい、感情移入して事の次第を見守ってしまいます。
まるで虫の眼のように細かく複眼的にメディアを観察し続け、中国国内外で活躍する記者などフレッシュな「ネタ元」を豊富に持つ著者ならではの視点を借りれば、社会体制が違うことによって、日本の「常識」では想像もつかない状況があることがよくわかる一方、結局、人間の欲望の根っこは同じだなとも感じられるのです。
本書を一読されれば、中国人ビジネスパートナーが何を考えているか理解が進むだけでなく、街で見かける中国人観光客たちにも、かつてない親近感を抱くようになるでしょう。(NHK出版 福田直子)

目次

序 章 プロパガンダメディアの変遷
第一章 「中産階級」がつくる新しい時代
第二章 情報統制の限界
第三章 メディアの市場化と権利意識の目覚め
第四章 海外情報の影響・経済メディアの活躍
第五章 「つながり」から「社会参加」へ
第六章 SNSがつなぐ記憶と人々
第七章 狙い撃ちされた知識人とメディア
第八章 スマホが書き換えたメディア地図
第九章 巨大企業は味方か敵か

商品情報

発売日
2016年05月10日
価格
定価:842円(本体780円)
判型
新書判
ページ数
240ページ
商品コード
0088488
Cコード
C0236(社会)
ISBN
978-4-14-088488-1

購入のご案内

NHK出版新書 488

中国メディア戦争 ネット・中産階級・巨大企業

定価:842円(本体780円)

送料 120円

発売日 2016年05月10日

在庫あり

数量