マイコンテンツや、お客様情報・注文履歴を確認できます。
閉じる
0
0
カートを見る

NHK出版新書 549

悪と全体主義  ハンナ・アーレントから考える

[著] 仲正 昌樹

関連する全ての商品を見る

定価:842円(本体780円)

送料 120円

発売日 2018年04月10日

商品紹介

「安心したい」──その欲望がワナになる

世界を席巻する排外主義的思潮や強権的政治手法といかに向き合うべきか? ナチスによるユダヤ人大量虐殺の問題に取り組んだハンナ・アーレントの著作がヒントになる。トランプ政権下でベストセラーになった『全体主義の起原』、アーレント批判を巻き起こした問題の書『エルサレムのアイヒマン』を読み、疑似宗教的世界観に呑み込まれない思考法を解き明かす。

はじめに──今なぜアーレントを読むか
序 章 『全体主義の起原』はなぜ難しいのか?
第1章 ユダヤ人という「内なる異分子」
第2章 「人種思想」は帝国主義から生まれた
第3章 大衆は「世界観」を欲望する
第4章 「凡庸」な悪の正体
終 章 「人間」であるために

目次

はじめに──今なぜアーレントを読むか
序 章 『全体主義の起原』はなぜ難しいのか?
第1章 ユダヤ人という「内なる異分子」
第2章 「人種思想」は帝国主義から生まれた
第3章 大衆は「世界観」を欲望する
第4章 「凡庸」な悪の正体
終 章 「人間」であるために

商品情報

発売日
2018年04月10日
価格
定価:842円(本体780円)
判型
新書判
ページ数
224ページ
商品コード
0088549
Cコード
C0210(哲学)
ISBN
978-4-14-088549-9

購入のご案内

NHK出版新書 549

悪と全体主義 ハンナ・アーレントから考える

定価:842円(本体780円)

送料 120円

発売日 2018年04月10日

在庫あり

数量