マイコンテンツや、お客様情報・注文履歴を確認できます。
閉じる
0
0
カートを見る

NHK出版新書 594

救急車が来なくなる日  医療崩壊と再生への道

[著] 笹井 恵里子

関連する全ての商品を見る

定価:864円(本体800円)

送料 120円

発売日 2019年08月10日

商品紹介

ある医師は言った──。「本当は高齢者を断り、助けるべき命を救いたい」この上なくリアルな現場報告 もう119番では助からない!?

救急車の現場到着時間が年々延び続けるなかで、搬送される高齢者は増え、医師不足は避けられない──。それでもこの国の救急医療を維持していくために、いったい何が必要なのか? 都心の大病院から離島唯一の病院までを駆け巡ったジャーナリストが、私たちの安心・安全が崩壊していく実態を生々しくレポート。救急医たちの偽らざる本音に、救急医療再生のヒントを探る。

目次

第1章 2025年、救急医療崩壊
 1 119番ではもう助からない?
   高齢者だらけの救急現場
   二〇二五年に待ち構えている危機
   年々到着が遅くなる救急車
   ガイドラインに遠く及ばない実態
   「すべての命を助けるのが正しいのでしょうか」

 2 患者が選別される時代へ
   「助けるべき命」と「助からなくてもいい命」
   「たらいまわし」の仕組み
   現代版たらいまわしの問題点

 3 崖っぷちの救急医療
   病院が救急から手を引き始めた
   ある医師の悲痛な訴え
   専門医不在で小児死亡
   働き方改革で生まれる救急車難民
   医師の過重労働に甘えた制度
   医師は聖職者か労働者か

 4 国の対応は間違いだらけ
   「適正利用」の落とし穴
   軽症な顔をしていても……
   患者側に判断を押しつける制度
   「コンビニ受診」はほとんど存在しない

第2章 崩壊をどう食い止めるか
 1 日本独自の救急医療体制
   一次・二次・三次という区分け
   「二次でいい」で患者死亡
   ER型へシフトせよ
   知られざる「見逃し」のリスク

 2 「救急科専門医」という職業
   医師になるまでの道のり
   「救急」を専門にするということ
   「なんでも診る」ことのジレンマ

 3 国が向き合うべき三つの課題
   提言1 入り口を集約化せよ
   国民にわかりづらい仕組み
   提言2 「コンビニ受診」を可能にせよ
   夜間診療がしにくい国
   提言3 転院搬送を制度化せよ

 4 超高齢化社会と救急医療
   高齢者に「救急車に乗るな」と言えるか
   救急車有料化の罠
   ベッドが高齢者で埋まっている
   「救急」と「介護」の地続き状態

 5 地方と救急医療
   ドクターヘリという切り札
   離島の救急医療
   ドクターヘリで赤字に?
   医師の偏在をどう解消するか

第3章 救急医たちのリアル
 1 救急現場に集まる社会的弱者
   絶対に急患を断らない病院
   「救急医泣かせ」の患者たち
   息子から放置された老婆
   「誰でもいつでも」の美点
   現場から見えてきた救急医の原点

 2 「死に際」に悩む患者たち
   「助かる命」と「尽きる命」
   ゴルフ場でいきなり脳出血
   「死に際」は唐突にやってくる
   救急医たちの苦悩
   父の蘇生行為を止めた娘の思い

 3 救急医に求められる資質
   症状を見極める眼
   当直医の「見逃し」
   命を救うトリアージ
   トリアージに求められる根気強さ
   「仕事の慣れ」が救急の大敵
   急患患者の立場に寄り添えるか
   「救急だから」と妥協した処置は許されない

 4 離島の救急医に何ができるか
   深刻な人手不足
   離島には輸血がない
   医療がないところに人は集まらない
   離島研修医の毎日
   離島でしかつめない経験

第4章 現場から見えてきた希望
 1 押し寄せる患者をどう受け入れるか
   病院専属の救急救命士
   救急医が治療に専念できる仕組み
   地域の状況がまるごとわかるシステム

 2 地方で進化を続ける救急医療
   僻地であることのメリット
   ドクターカーとは何か
   「待つ医師」から「出向く医師」へ
   島全体の連携によって救われた命

 3 各病院にできること
   トリアージの精度をあげる取り組み
   救急医と各科専門医の関係構築

 4 医師不足への処方箋
   倉敷中央病院に研修医が集まる理由
   救急医が増えれば他の医師も増える
   いい循環をどうつくるか
   
 5 私たち患者にできること
   救急隊に必要な情報を残しておく
   なぜ福岡県の救命率は高いのか
   困るのはこんな患者
   研修医はむしろ見逃しが少ない?

   おわりに

商品情報

発売日
2019年08月10日
価格
定価:864円(本体800円)
判型
新書判
ページ数
208ページ
商品コード
0088594
Cコード
C0236(社会)
ISBN
978-4-14-088594-9

購入のご案内

NHK出版新書 594

救急車が来なくなる日 医療崩壊と再生への道

定価:864円(本体800円)

送料 120円

発売日 2019年08月10日

在庫あり

数量