マイコンテンツや、お客様情報・注文履歴を確認できます。
閉じる
0
0
カートを見る

NHK出版新書 614

AI vs.民主主義  高度化する世論操作の深層

[著] NHK取材班

関連する全ての商品を見る

定価:935円(本体850円)

送料 110円

発売日 2020年02月10日

商品紹介

テクノロジーは民主社会をいかに変えるか?

AIが世論を誘導する――。一見信じがたい話が、「デジタル選挙戦略」としていま世界中で展開されているのをご存じだろうか。
米大統領選やイギリスEU離脱の国民投票では、
国民が無意識のうちにWeb上に提供している多くの個人情報がAIに解析され、選挙キャンペーンに利用された。
それらはパーソナル化されたソーシャルメディアの政治広告によって人々の憎悪を煽り、
個人の不安に訴えかける「マイクロターゲティング」という巧みなサイバー戦略によってもたらされたものである。
そうした「マイクロターゲティング」の手法から、SNSユーザーの心理分析、
さらには真偽をすぐに見分けるのがほぼ不可能な「ディープフェイク」まで、
デジタル選挙戦術をめぐる技術は急速に高度化し続けている。

そのひとつの端緒となったのは2016年米大統領選だった。
Facebookの個人情報の流出、および他国からの選挙介入をめぐる一連の事件は記憶に新しい。
2016年米大統領選、トランプ政権の発足、そして2年前の中間選挙の裏側で何が起きていたのか。
そしてその流れの中で2020年11月に控える、大統領選のゆくえは。
米大統領選の取材・観測を長期にわたって続けてきた「クローズアップ現代+」制作チームが、
トランプ陣営の選挙戦略を担った広告会社(ケンブリッジ・アナリティカ)の元社員やデータアナリスト、
AIによる世論操作の権威と呼ばれる計量心理学者など、“キーマン”への長時間の独占取材を敢行。

最新のAI技術を駆使した世論操作とはいかなるもので、権力者にどう利用されうるのか。
日本は本当に他人事でいられるのか。
そして今、民主主義は、テクノロジーの手によっていかに変容しつつあるのか。技術に対抗する手段は――?
世論操作の告発者や関係者らの生々しい証言を手がかりに、日本にも迫りくるその危機と民主主義の未来を探る、
渾身の取材記録。

目次

序章  AIは誘導する
第1章 激変する情報環境――データ独占・フィルターバブル・ディープフェイク
第2章 恐るべき告発――トランプ当選の黒幕、天才データアナリスト
第3章 偏向報道が拡散するメカニズム――SNSの政治広告の実態
第4章 世論操作の効果と影響――人はどこまで操られるのか
第5章 デジタル選挙戦略の最前線――2020年アメリカ大統領選を読む
終章  私たちは民主主義を守れるか

商品情報

発売日
2020年02月10日
価格
定価:935円(本体850円)
判型
新書判
ページ数
240ページ
商品コード
0088614
Cコード
C0231(政治(含む国防軍事))
ISBN
978-4-14-088614-4

購入のご案内

NHK出版新書 614

AI vs.民主主義 高度化する世論操作の深層

定価:935円(本体850円)

送料 110円

発売日 2020年02月10日

在庫あり

数量