マイコンテンツや、お客様情報・注文履歴を確認できます。
閉じる
0
0
カートを見る

おね 上  

関連する全ての商品を見る

定価:1,760円(本体1,600円)

送料 110円

発売日 2016年10月22日

商品紹介

秀吉の妻・戦国のゴッドマザー北の政所の視点から描く大河ロマン歴史小説

加藤清正、福島正則ら多くの戦国武将に母と慕われ、秀吉を助け天下一の女性となった北政所「おね」。唯一の武器は、知略でも武力でもなく、相手の心に寄り添える“共感力”だった──。信長、秀吉、家康に愛された北政所「おね」の生涯を、NHK大河ドラマ『篤姫』『江~姫たちの戦国~』の脚本家・田渕久美子が描く。

本文より

おねは、「母」でした。
自らの身で子を産むことはなかったおねですが、実に多くの「子」を育てます。
養子・養女・人質たちの母となり、加藤清正、福島正則といった名将を育て上げ、石田三成、大谷吉継なども、若き日をおねのもとで過ごしています。
おねは、戦国時代のゴッドマザーだったのです。

おねは、「共感」の人でもありました。
相手の中に入り込み、その心を惹ひき付け、相手が気づかぬうちに、知らず知らず自分をさらけ出させてしまう。
他人の思いや感覚を、おのれと同一のものにできる。
その稀有な能力を使って、緻密な人的ネットワークを巡らせ、戦国の世に「人間山脈」を作り上げたフィクサー。おねは、そんな人でもあったのです。

そしておねは、何よりも「平和」を望む人でした。
戦乱のただなかに生まれながら、おそらく誰よりも戦いくさを嫌ったおね。
織田信長その人に、天下泰平の夢を重ね、信長が滅した後は、夫、豊臣秀吉に、その願いをつなぎます。
しかし、秀吉亡き後は、その思いを誰に向ければよいのか…… 。
「女には生み、変化させ、守る力がある。その上で、時の流れを感じ、先を読むことができる女が現れた時、まことの天下泰平の世がくる── 」
軍師・竹中半兵衛の言葉を信じ、覚悟を決めたおねが選んだ道は……。

続きを読む

目次

出会い
祝言
ふたりの戦
大名の妻
夫の正体
天下一の女

商品情報

発売日
2016年10月22日
価格
定価:1,760円(本体1,600円)
判型
四六判
ページ数
352ページ
商品コード
0005679
Cコード
C0093(日本文学 小説・物語)
ISBN
978-4-14-005679-0

購入のご案内

おね 上

定価:1,760円(本体1,600円)

送料 110円

発売日 2016年10月22日

在庫あり

数量