マイコンテンツや、お客様情報・注文履歴を確認できます。
閉じる
0
0
カートを見る

シリーズ・戦後思想のエッセンス

石原慎太郎  作家はなぜ政治家になったか

[著] 中島 岳志

関連する全ての商品を見る

定価:1,100円(本体1,000円)

送料 120円

発売日 2019年11月25日

商品紹介

「戦後派保守」──その変容に迫る

衝撃の作家デビューから国会議員、そして都知事へ。昭和から平成にかけて、その男は常に「戦後」の中心に居続けた。彼はいかにして大衆を味方につけたのか?一人の戦後派保守の歩みから、戦後日本社会の光と闇を映し出す画期的論考。

目次

 はじめに 「戦後と寝た」男
I 『太陽の季節』と虚脱感
  「無恥と無倫理」の物語
  「着地しきれなさ」を抱えて
  暗い「戦後」から明るい「太陽」の時代へ
  『太陽の季節』への批判
  「不健康でジメジメした」日本文学へのアンチテーゼ
  「大衆」への憧れ
  ボクシングと文学
  スピリチュアルへの接近
  憲法九条改正に反対する
  価値紊乱者から価値創造者へ
  同世代の作家たち

II 「若い日本の会」と六〇年安保闘争
  「若い日本の会」の混沌
  天皇制への視線──「あれをした青年」
  戦中派との衝突──「戦争」をめぐって
  政治への接近
  「刺し殺せ」──シンポジウム「発言」
  見る前に跳ぶ──大江との論争
  政治に参画するのか──江藤との論争
  安保闘争の中で
  江古田団地にて──江藤淳の離脱
  虚脱感を克服するナショナリズム──小説『挑戦』
  『挑戦』への評価と挫折
  江藤淳の「日本回帰」
  迷走の中の六〇年代

III ベトナム戦争と政界進出
  知覧訪問と「挫折の虚妄を排す」
  小説への「空回りの感覚」
  「日本の若い世代の会」
  「亡国」への焦燥感──ベトナムを訪れて
  入院生活と『若き獅子たちの伝説』
  文学の延長上にこそ政治がある
  「真の革新」のために自民党へ
  出馬に向けての思い
  参院選当選──華やかな「ヒーロー」として

IV 『「NO」と言える日本』とその後
  三百万票の意味
  「成熟」の問題──江藤淳の忠告
  「ごっこ」の世界が終わるとき
  自民党右派へ──「青嵐会」の立ち上げ
  『「NO」と言える日本』とバブル経済
  なぜアメリカから脱せないのか
  終わらない「ごっこ」の世界

石原慎太郎 年譜

商品情報

発売日
2019年11月25日
価格
定価:1,100円(本体1,000円)
判型
四六判
ページ数
144ページ
商品コード
0081804
Cコード
C0010(哲学)
ISBN
978-4-14-081804-6

購入のご案内

シリーズ・戦後思想のエッセンス

石原慎太郎 作家はなぜ政治家になったか

定価:1,100円(本体1,000円)

送料 120円

発売日 2019年11月25日

在庫あり

数量