マイコンテンツや、お客様情報・注文履歴を確認できます。
閉じる
0
0
カートを見る

シリーズ・戦後思想のエッセンス

三島由紀夫  なぜ、死んでみせねばならなかったのか

[著] 浜崎 洋介

関連する全ての商品を見る

定価:1,100円(本体1,000円)

送料 110円

発売日 2020年10月24日

商品紹介

これ1冊で作家の全体像がつかめる

戦後日本社会のスーパースター、ノーベル文学賞候補にもなっていた天才はなぜセンセーショナルな最期を迎えたのか? 従来、作品に三島の天稟を認め心酔する読者も、1960年代からの彼が見せていた右翼的行動とその劇的な自決に対しては評価を保留する傾向――いわば作品と作家(思想)を分離する傾向があった。しかしもうこの分離は必要ない。彼の「言葉」が「行動」を求めたのは必然だったのだ。本書は、三島自身が「これがわかれば僕の全部がわかる」とした作品論『太陽と鉄』に基づいて作家履歴を3つに分けて読み解き、天才少年が肉体右翼として自決に至るまでを必然的な1本の筋道として描く、万人向けの入門書である。

目次

序章 ロマン主義・古典主義・右翼思想――三島由紀夫の3つの顔
1章 万能感と裏腹の焦燥――なぜ言葉は「現実」に届かないのか
2章 観念化する「肉体」――なぜ作家はボディ・ビルに向かったか
3章 死んでみせるという拒絶――なぜ天皇主義から自裁に至ったか
終章 文化防衛という「文学思想」――なぜ思想は力を持たなかったか

商品情報

発売日
2020年10月24日
価格
定価:1,100円(本体1,000円)
判型
四六判
ページ数
144ページ
商品コード
0081832
Cコード
C0010(哲学)
ISBN
978-4-14-081832-9

購入のご案内

シリーズ・戦後思想のエッセンス

三島由紀夫 なぜ、死んでみせねばならなかったのか

定価:1,100円(本体1,000円)

送料 110円

発売日 2020年10月24日

在庫あり

数量