NHK出版新書(NS新書)

いのちを守る気象情報|NHK出版新書(NS新書)|NHK出版<

いのちを守る
気象情報
斉田季実治
暴風警報、大雨警報、津波警報……我々は日々、様々な気象情報に触れている。それでも、同じような気象条件・場所で人の死は繰り返される。「いのちを守る」ためにある気象情報を、なぜ活かせないのか――台風、大雨、地震、火山など8つの大きな自然災害について、その基本メカニズムや予報・警報の見方、さらにそれをどう実際の行動に結びつけるかに焦点を当て解説。NHK「お天気お兄さん」による真に役立つ気象情報入門書。

目次

第1章
「台風」は自然災害の“総合商社”
第2章
「大雨」による都市型水害が急増
第3章
「雷」は光と音の時間差で安心してはいけない
第4章
「竜巻」は狭い範囲で甚大な被害をもたらす
第5章
「大雪」による死亡の8割は、除雪作業中
第6章
「熱中症」は最も死亡者が多い災害
第7章
「地震」は1000年に一度の活動期か
第8章
「火山」の噴火は予知できる
補章
気象情報は生もので鮮度がいのち
 

編集担当者より

 いきなりですが、クイズです。

問題(1) 日本で最も被害者(死者)の多い自然災害はどれでしょうか。
ア 台風  イ 地震(津波) ウ 大雨  エ 熱中症

問題(2) あなたが公園にいて、雷が落ちてきそうなとき、どうすれば一番よいでしょうか。
ア その場に伏せる イ 金属物を身からはずす ウ 遊具の下か中に逃げる
エ 木の下に逃げる

問題(3) 雪による事故で最も被害が多いのはどれでしょうか。
ア 雪崩  イ 除雪中の屋根からの転落  ウ 雪による建物の倒壊
エ 車のスリップ事故

 簡単だったでしょうか。答えは斉田さん渾身の新刊『いのちを守る気象情報』をお読みいただき、ご確認ください。
 しかし、この本は、気象や災害のトリビアなマメ知識が詰まっただけの本ではありません。
 本書では、台風、大雨、大雪、雷、竜巻、熱中症、地震(津波)、火山噴火の8つの大きな自然災害について、まず、自然現象の発生メカニズム、具体的な被害ケースを分りやすくレクチャーした上で、予報・警報など気象情報を「いかに見るか」、それらの情報を「いかに入手するか」を徹底的に解説しています。しかし、単なる知識だけでは「いのちを守る」ことはできないと斉田さんは口をすっぱくして強調します。基本的知識をベースとしながら「気象情報」を「いのちを守るため」にいかに活かすことができるか。そこが本書の肝です。各章末にまとめたチェックシートなども活用していただきながら、情報を行動に結びつけるための知恵と方法が、おのずと身に付く構成と内容になっています。
 斉田さんがNHKニュースの気象キャスターになった直後に起きた東日本大震災。もしもう一度あのような大きな震災が起きたら、今度は自分はどれだけのいのちを救うことができるのか。そのような重い問いかけが斉田さんをして本書を書かせました。是非本書「はじめに」だけでも手にとって読んでみてください。そして、自分自身の、大切な友人や家族のいのちを守るために、本書をお役立ていただければと願っています。
(NHK出版 高井健太郎)

著者プロフィール

斉田季実治(さいた・きみはる)

著者写真

1975年、東京都生まれ。北海道大学で海洋気象学を専攻し、在学中に気象予報士資格を取得。北海道文化放送の報道記者などを経て、2006年からNHK気象キャスター。現在は「首都圏ニュース845」「NEWS WEB」に出演中。著書(共著)に『天気予報の大研究』(PHP研究所)など。

おすすめ関連書

ダメ情報の見分けかた メディアと幸福につきあうために
ダメ情報の見分けかた メディアと幸福につきあうために
超巨大地震に迫る 日本列島で何が起きているのか
超巨大地震に迫る 日本列島で何が起きているのか
緊急解説!福島第一原発事故と放射線
緊急解説!福島第一原発事故と放射線
悲しんでいい 大災害とグリーフケア
悲しんでいい
大災害とグリーフケア
「科学的思考」のレッスン 学校で教えてくれないサイエンス
「科学的思考」のレッスン
学校で教えてくれないサイエンス
「調べる」論 しつこさで壁を破った20人
「調べる」論 しつこさで壁を破った20人
森林飽和 国土の変貌を考える
森林飽和 国土の変貌を考える
表紙ご購入はこちら

ページトップへページトップへ

ページトップへ