NHK出版新書(NS新書)

真田丸の謎 戦国時代を「城」で読み解く|NHK出版新書(NS新書)|NHK出版

真田丸の謎
戦国時代を「城」で読み解く
千田嘉博
勇将・真田信繁(幸村)は、「真田丸の戦い」で圧倒的多勢に無勢にもかかわらず、なぜ徳川軍を打ち破ることができたのか。そこには「日本一の兵」と称されるに相応しい大胆な戦略と、脈々と受け継がれた城づくりの知恵が隠されていた。城郭考古学の第一人者が、最新調査と史料の新解釈から真田氏の実像に迫るとともに、「城」を手掛かりに群雄割拠する戦国時代を読み解いた力作。

目次

第一章
真田信繁と大坂の陣
第二章
真田丸の謎に迫る
第三章
真田氏の城づくり
第四章
戦国の城から天下人の城へ
終  章
真田丸を歩く

編集担当者より

 戦国時代は日本の歴史上、城が最もたくさん築かれた時期にあたります。群雄割拠する武将たちが持てる技術を駆使して競うように城を築き、戦った。本書は、そうした武将たちの城づくりを通して、戦国最強の勇将とされる真田信繁(幸村)、そして彼が活躍した時代の実像を読み解こうというものです。
 信繁が真田丸を舞台に戦った大坂の陣は、戦国時代の最後に位置する出来事でした。信繁は3000の寡兵で20万の大軍を打ち負かしました。その詳細は、真田丸の遺構が残っていないため、これまで謎に包まれていました。しかし近年、発掘調査や史料から、真田丸が戦国時代を通じて涵養された、築城技術の粋をこらしたものだったことが明らかになってきました。
 真田丸の詳細からは、なぜ信繁が圧倒的な多勢に無勢で勝てたのか、そこにどのような戦略があったのか、ひいては信繁とはどのような人物であったかが生き生きと浮かび上がってきます。果たして信繁は伝説通りの「日本一の兵」だったのでしょうか。城郭考古学の第一人者による力作、ぜひご一読ください。
(NHK出版 山北健司)

著者プロフィール

千田嘉博(せんだ・よしひろ)

著者写真
撮影:松井 朗

1963年、愛知県生まれ。奈良大学学長。奈良大学文学部文化財学科卒業。大阪大学博士(文学)。専門は城郭考古学。2015年、濱田青陵賞受賞。主な著書に『信長の城』(岩波新書)、『戦国の城を歩く』(ちくま学芸文庫)、『織豊系城郭の研究』(東京大学出版会)など。

おすすめ関連書

やり直し教養講座 戦争で読み解く日本近現代史
やり直し教養講座 戦争で読み解く日本近現代史
浮世絵で読む、江戸の四季とならわし
浮世絵で読む、江戸の四季とならわし
予言の日本史
予言の日本史
日清・日露戦争をどう見るか 近代日本と朝鮮半島・中国
日清・日露戦争をどう見るか 近代日本と朝鮮半島・中国
写真と地図でめぐる軍都・東京
写真と地図でめぐる軍都・東京
山本五十六 戦後70年の真実
山本五十六 戦後70年の真実
「聖断」の終戦史
「聖断」の終戦史
表紙 真田丸の謎 戦国時代を「城」で読み解くご購入はこちら

ページトップへページトップへ

ページトップへ