趣味Do楽

NHKテレビテキスト

毎回幅広いテーマを取り上げていく実践的で実用的な魅力ある趣味の番組です。
週1回の放送で、それぞれ2か月間に1テーマで、1冊のテキストが発行されます。

荒井良二の絵本じゃあにぃ

10・11月
線とまるだけで絵を描いたり、絵本の世界の地図を描いてみたり。すべてが絵本を作るための基礎体力作りにつながります。言われたとおりに課題をこなすうち、でき上がってしまう「絵本のようなもの」。あなたも挑戦してみませんか?

目次

  • 第1回 絵本の世界にようこそ!
    第2回 物の形をとらえよう!
    第3回 “さんぽ絵本”を作ってみよう!
    第4回 荒井良二流 色づかいの極意
    第5回 絵本のことばを見つけよう!
    第6回 絵本のリズムを楽しもう!
    第7回 キャラクターを生み出そう!
    第8回 わたしだけの絵本を作ろう!(卒業制作)
    第9回 総集編

  • 目次

    PDF(1.35MB)

●テキストと番組では、一部内容が異なることがあります。ご了承ください。
●放送内容や放送日時等は、変更・休止する場合があります。

内容

  • 「創作の神様が下りてくるのを待っていたって、絵本はできない!」と荒井さんは言います。スポーツをするなら、日々のストレッチやジョギングなど、基礎体力作りが大切なのはだれでも知っていること。では絵本を作るなら?
    この講座では、荒井さんから出される課題に楽しくチャレンジしながら、絵本を仕上げられるようになる「絵本作りの基礎力」を鍛えます。「線を描いて」「まるを描いて」と次々にくり出される課題にとり組むうち、いつのまにか1冊の絵本のようなものができ上がってしまう荒井流のおもしろワークショップ。絵本を作りたい人だけでなく、ものを作るすべての人に。創作のヒントが満載です!

  • 内容

    PDF(2.08MB)

講師プロフィール

荒井良二 あらい・りょうじ荒井良二(あらい・りょうじ)
(絵本作家・イラストレーター)
1956年山形県生まれ。1990年に『MELODY』を発表し絵本を作りはじめる。1999年に『なぞなぞのたび』でボローニャ国際児童文学図書展特別賞を受賞。2005年には、スウェーデンの児童少年文学賞である「アストリッド・リンドグレーン記念文学賞」を受賞。近著にNHK連続テレビ小説「純と愛」オープニングイラストレーションから生まれた『ねむりひめ』がある。

ページトップへページトップへ

ページトップへ