趣味Do楽

NHKテレビテキスト

毎回幅広いテーマを取り上げていく実践的で実用的な魅力ある趣味の番組です。
週1回の放送で、それぞれ2か月間に1テーマで、1冊のテキストが発行されます。

今さら聞けない!ゴルフの基本 ~100を切りたいあなたに~

1・2 月
日本女子プロゴルフ協会副会長を務める伊藤佳子を講師に、シンプルなスイングで上達を目指すゴルフ講座。小さなふり幅の「7時-5時」のスイングから入り、「8時-4時」「9時-3時」の順で、徐々にスイング幅を大きくしていく。いま一度、「基本」を見直してみよう!

目次

  • 第1回 パッティングはスコアアップ最大の鍵
    第2回 アプローチがスイングの原点 前編
        ~ランニングアプローチ~
    第3回 アプローチがスイングの原点 後編
        ~ピッチ&ラン~
    第4回 ふつうに振れば出る!
        ~バンカーショットの新常識~
    第5回 ミス激減!アイアンの構えと振り方
    第6回 やさしく打てるフェアウェイウッド
    第7回 飛距離よし 曲げずに飛ばす
        ~ドライバーのコツ~
    第8回 狙い方・構え方でスコアアップ
        ~コース攻略法~

  • 目次

    PDF(544KB)


●テキストと番組では、一部内容が異なることがあります。ご了承ください。
●放送内容や放送日時等は、変更・休止する場合があります。

内容

  • 初心者・初級者を卒業したゴルファーの前に立ちはだかる「100切り」という壁。この壁をシンプルなスイングで越えてしまおう、というのが、今回の講座です。パターにはじまり、「7時-5時」「8時-4時」「9時-3時」という3つの基本的なスイングをマスターすれば、さまざまなくせが出にくくなり、思った方向に球は飛ぶようになります。LPGAのメソッドは非常にシンプルですが、効果はてきめんです。ぜひ、番組での阿藤快さんの進歩ぶりをご覧になって、ご自身のゴルフライフにも生かしてください。

  • 内容

    PDF(5.85MB)

講師プロフィール

写真 伊藤佳子伊藤佳子(いとう・よしこ)
1962年3月26日生まれ。身長167㎝。慶應義塾大学卒。血液型A型。慶應義塾に中学から学び、14歳でゴルフを始める。大学在学中、日本女子オープンのベストアマのタイトルを獲得。その後、米国オクラホマ州立大学に留学。アメリカ学生の頂点である「オールアメリカン・アカデミックオールアメリカン」に選出され、日本学生の米国進出の礎を築く。
「その帰りの飛行機の中で、プロになろうと決心しました。実は今だから明かしますが、ゴルフ場の緑や自然が大好きで、少しでも長い時間ゴルフ場で過ごせたらと思い、プロになろうと決めたのです」
帰国後、復学し、在学中にプロテストに合格。1986年プロ入り(50期生)。女子大生プロとして話題になる。1980~90年代にツアープロとして活躍。また90年、91年は年間平均パターランク2位になるなど、パッティングの名手としても知られる。
その後、LPGA(日本女子プロゴルフ協会)ティーチングプロフェッショナル資格A級取得。現在、副会長として、LPGAのゴルフビジネスディビジョン(GBD)を担当。GBD事業部の主な業務は「健全なゴルファーの育成」、「ゴルフ技術、ルールおよびマナーを研究練磨し、その指導者普及を図るためのゴルフ指導者の資質向上および資格認定」、「新人セミナーなど、会員の資質の向上を図る取り組み」、「ジュニアへのゴルフ普及、育成、強化」等。
「LPGAはツアーで多くの方を魅了するとともに、ゴルフに関する専門的な知識を持った会員が地域に密着した指導を行うことで 、ゴルフの素晴らしさや楽しさを伝えながらゴルフの普及をしていくことを目指しています。 アマチュアゴルファーの皆さんには、けがなく楽しくゴルフを続けるためにLPGAプロをホームドクターのように活用してほしいと思います(LPGA 会員には、ツアーでの活躍を目指す会員とゴルフの指導を行うティーチング会員がいます。ツアー選手がセカンドキャリアとして指導者としての勉強をし、レッスンを行うケースもあり、私自身もそのひとりです)。
また、オリンピックでのメダル獲得を目指し、ジュニアゴルファーの育成・強化にも今まで以上に力を注いでいます。LPGAにはジュニアゴルフコーチという子供たちの発育、発達に則した専門的な指導ができるスペシャリストがいて、ゴルフの技術の向上だけではなく子供たちの人間形成をもサポートし、人間力を強くすることで真のチャンピオンを育てようと取り組んでいます」

ページトップへページトップへ

ページトップへ